新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
オポッサムは ないてません

オポッサムは ないてません

  • 児童書
作: フランク・タシュリン
訳: 小宮 由
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年12月25日
ISBN: 9784477031613

小学中級から
A5・76ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

これは「オポッサム」というちょっと不思議な生きもののおはなし。
というより「オポッサム」をめぐる人間たちの、奇妙なはなしといっていいかもしれません。

ある森に、一匹のオポッサムが住んでいました。
いつもにこにこ笑っている、ごきげんなオポッサムです。
高い木にのぼると、枝にしっぽをくるくるとしっかり巻きつけて……。
ぷらんとさかさまになり、にこにこしながら何日か過ごします。
オポッサムなら誰でもこうするんだそうですよ。

オポッサムはにこにこ、にこにこしています。
ところがそんなある日、4人の人間がやってきて、にこにこ顔のまま逆さまに木にぶらさがるオポッサムを見ておかしなことをいいはじめるんです。
「かなしそう」「ぜんぜんにこにこしてない」「あいつはきっと、自分がにこにこしていると思ってる、めそめそオポッサムなんだ!」「町へつれて行って、にこにこにしてやろう」
断るオポッサムのいうことも聞かず、とうとう人間たちはオポッサムがぶらさがっている木ごと掘り返し、木といっしょに町へつれて行ってしまうんです……。

さて、このおはなしはいったいどうなるのか?
続きはぜひ本を読んでほしいのですが、とにかく、個人的には、何ともいえない居心地のわるさと、むずむずした感じが残りました。
森の中で幸せだったのに、勝手な思い込みで、騒々しく、ふきげんな人間だらけの町に連れて来られたオポッサム。
それでもにこにこしているオポッサムを、めそめそオポッサムだと決めつけ、“自分たちの力で”“自分たちが考える”“にこにこオポッサム”にしてやろうと奮闘する人間たち。

しかも人間たちが「あいつは、めそめそオポッサムだ!」と思い込む理由ときたら……。
読んだらきっと笑っちゃいますよ!
「幸せとは何だろう?」という問いが、心の中に湧いてくる、皮肉なユーモアに満ちた寓話。
ぜひ小学生に手にとってほしい絵童話です。

アニメーション制作や脚本、映画監督など、様々な分野で活躍したフランク・タシュリンが、子ども向けに書いた作品は、『ぼくはくまですよ』(大日本図書)と本作のみ。
小宮由さんの訳で、このたび2冊同時に出版されています。
あわせて手にとってみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

オポッサムは ないてません

出版社からの紹介

木にぶらさがるオポッサム。
人間たちは下から見上げたので、にこっと笑った口元をフニャっとさがっていると勘違いしました。
「ぼくはにこにこですよ」
「いいや、めそめそオポッサム! しあわせにしてやろう!」
人間たちは、オポッサムを町に連れて行きますが・・・!?

楽しくてわらっちゃうお話。
隅々まで見たくなる挿絵。
年齢によっては、読んだ後に考えるメッセージも受け取れます。

ベストレビュー

内にある幸せ、外にある幸せ

この本を理解しようと思ったら
中学生くらいのほうがいいんじゃないのかなぁ、と思うような
とても概念的なお話でした。

オポッサム(実は今回初めて知った、実在の動物でした・・)は
にこにこと毎日幸せに暮らしているのに
木に逆さまにぶら下がったら、口元が逆向きのへの字になって
泣いていると思われ
「にこにこにしてやる」と、大いなるおせっかいを受けるお話。

自分が幸せかどうかなんて、自分が感じていればいいのであって
他人がとやかく言うことではないし
ましてや手を出すべきでもないのに
読んでいて、ただただ腹立たしかった。

子供のいない友達がいるが
夫婦で楽しく暮らしているに
近所から、哀れな中年夫婦と思われていると嘆いていた。

訳者あとがきにある
「幸せの形はどうであれ、自身の幸せを、
胸の内に置くか外に置くか・・
胸の内にある幸せは、誰かに奪われることがなく、自らの力で生み出せる」という言葉が
とても輝いていました。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フランク・タシュリンさんのその他の作品

ぼくは くまですよ

小宮 由さんのその他の作品

まほうつかいウーのふしぎなえ / イワンの馬鹿 / かしこい うさぎの ローズバッド / デイビッド・マックチーバーと29ひきの犬 / きれいずきのマグスおばさん / うちの弟,どうしたらいい?


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > オポッサムは ないてません

石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

オポッサムは ないてません

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット