まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
たいこたたきの少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいこたたきの少年

  • 絵本
文・絵: バーナデット・ワッツ
訳: 松永 美穂
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年12月07日
ISBN: 9784890139941

B4変型判・上製・26ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

クリスマスの名曲〈リトル・ドラマー・ボーイ〉が愛らしい絵本になりました
ひとりぼっちのベンジャミンは、いつもみんなを楽しませるために、
通りでたいこをたたいています。

♪パ ラ パパン パン、ラ パパン パン♬

ある日、うまれたばかりの王さまのたんじょうを祝って、
みんなで贈り物をもっていくことになりました。

けれど、貧しいベンジャミンには、なにもあげるものがありません。

仲良しの羊飼いの少年やレイチェルに誘われて、
ベンジャミンも王さまのところにいくことになりましたが…。

なにも持っていなくても、だれかを幸せにすることができる—。
イエスの生誕にまつわるクリスマスソング〈リトル・ドラマー・ボーイ〉が愛らしい絵本になりました。

ベストレビュー

太鼓のリズムを聴きたい

クリスマス本です。
キリスト生誕をこのように表現した歌も素晴らしいですが、バーナデット・ワッツの表現も素晴らしいと思いました。
貧しい独りぼっちの少年は、太鼓を叩くことを日課として生きています。
与えるものはそれだけなのに、人をしあわせにする太鼓でした。
生まれたばかりのイエスに贈ったリズムはどんなだったのでしょうね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

バーナデット・ワッツさんのその他の作品

子うさぎジャックと ひとりぼっちのかかし / 金のおさら / ピーター / イギリス民話 3びきのくま 新装版 / しあわせなハンス / うできき4人きょうだい

松永 美穂さんのその他の作品

キツネとねがいごと / 10歳までに読みたい世界名作(9) アルプスの少女ハイジ 思いやりの心が起こした奇跡 / ヨハンナの電車のたび / 母さんがこわれた夏 / リスと青い星からのおきゃくさん / マルカの長い旅



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

たいこたたきの少年

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット