話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

たいこたたきの少年

たいこたたきの少年

  • 絵本
作・絵: バーナデット・ワッツ
訳: 松永 美穂
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年11月25日
ISBN: 9784890139941

B4変型判・上製・26ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ひとりぼっちのベンジャミンは、いつもみんなを楽しませるために、通りでたいこをたたいています。
♪ラ パパン パン、ラ パパン パン?
ある日、生まれたばかりの王さまをお祝いするために、みんなは贈り物をもって王様に会いに行きます。でも、貧しいベンジャミンには、なにもあげるものがありません。
仲良しの羊飼いの少年やレイチェルに誘われて、ついにベンジャミンは王さまのところにいくことになり……。イエスの生誕にまつわるクリスマスソング〈リトル・ドラマー・ボーイ〉が愛らしい絵本になりました。

ベストレビュー

ラ パパン パン ラ パパン パン

クリスマスソング「リトル・ドラマー・ボーイ」を基にした作品です。
♪ラ パパン パン ラ パパン パン♪というメロディーが印象的で、
英語の歌詞はわからなかったけど、気になっていた曲だけに、
そのストーリーを紹介してくれてうれしいです。
しかも、童話の挿絵で有名なバーナデッド・ワッツさんが静謐な絵を添えています!
貧しいホームレスの少年、ベンジャミンは、たいこたたきで生活していたのですね。
そして、あの、イエス様誕生の場に居合わせるのですね。
輝く星、三賢者、羊飼い、馬小屋など、有名なエピソードが展開していきます。
太鼓は原始的な音楽であり、この場面との親和性が高いです。
クリスマスの持つ温かさが伝わってきます。
小学生くらいから、この場面を体感してほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーナデット・ワッツさんのその他の作品

子うさぎジャックと ひとりぼっちのかかし / 金のおさら / ピーター / イギリス民話 3びきのくま 新装版 / しあわせなハンス / うできき4人きょうだい

松永 美穂さんのその他の作品

人形つかいマリオのお話 / キツネとねがいごと / 10歳までに読みたい世界名作(9) アルプスの少女ハイジ 思いやりの心が起こした奇跡 / ヨハンナの電車のたび / 母さんがこわれた夏 / リスと青い星からのおきゃくさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > たいこたたきの少年

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

たいこたたきの少年

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット