話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
モスクへおいでよ

モスクへおいでよ

  • 児童書
著: 瀧井 宏臣
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年11月15日
ISBN: 9784338321020

判型/サイズ:四六判/ページ数:149ページ

出版社からの紹介

現在、世界の4人にひとりがイスラーム教徒。いったいどんな宗教なの? テロや難民の問題って、どう考えればいいの? いま話題のモスク(礼拝所)・東京ジャーミイの案内人、下山茂さんにやさしく教えてもらおう!

ベストレビュー

優しいイスラム入門書 正しい理解を広めたい

モスク「東京ジャーミィ」の案内人、下山茂氏を通して、イスラム文化を紹介する一冊。
下山氏は吃音を克服し、アフリカでイスラムに出会い、イスラム教徒になり、世界の人たちとつながった。東京ジャーミィ、日本人初のスタッフとして広報を担当し、メディアの対応、出版物を出すこと、モスクの見学ツアーを行っている。「日本人に本当のイスラームを知ってもらいたい」と奮闘努力中。

メディアでは「テロ」などと関連付けて報道されるため、イスラームにたいする偏見が広まっている。しかし、本来、イスラームは人を殺すことを認めていない。「ひとりの人間を殺すこと葉、全人類を殺したのと同じである」とクルアーンに書かれている、という。

個人的に、知り合いに日本人のムスリマがいるが、非常に幸せに平和に暮らしている。彼女はイスラームを受け入れた時、「世界の6億人が兄弟姉妹になった」と言って喜んだ、と言っていた。
世界の宗教や文化、民族に対する偏見がなくなり、楽しく交流できる時代になることを、切に願う。
この本は、大人の人にもぜひとも読んで頂きたい。下山氏の人生が波乱万丈なので、まるで冒険物語のように楽しんで理解できると思います。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


瀧井 宏臣さんのその他の作品

おどろきの東京縄文人


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 宗教 > モスクへおいでよ

Netflixで大人気!「ヒルダの冒険」シリーズ

モスクへおいでよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット