新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

  • 絵本
著: リンダ・リウカス
訳: 鳥井雪
出版社: 翔泳社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年04月
ISBN: 9784798138770

4歳〜11歳

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

世界20か国以上で翻訳!
ベストセラー絵本『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』の
続編が登場!今度のぼうけんはコンピューターの中!
150年ほど前、ルイス・キャロルはアリスを、鏡の向こうの不思議な
世界へと放り込みました。わたしはルビィを、同じような旅に送り出します。
それは大きなOS(オペレーティングシステム)から一番小さなビットまで―
そして、その間にある、あらゆるものをめぐる冒険です。
――――リンダ・リウカス(「保護者の方へ」より)

【あらすじ】
『ルビィは想像力と行動力でどんなことだってできちゃう女の子。
好きな言葉は「どうして?」

あるたいくつな日、ルビィはお父さんのパソコンのマウスポインター
(矢印)が動かないことを発見します。相棒のマウスとともに飛び込んだのは、
コンピューターの中の世界。きらきら明滅するビットたち、うるさがたの
論理ゲート、命令ばかりするCPUなど、いろんなコンピューターの国の
住人たちに出会いながら、ルビィはぶじカーソルを見つけられるでしょうか?』

本書はフィンランドのプログラマーであるリンダ・リウカスがつくった、
親子で楽しくコンピューターのしくみに触れる知育絵本です。この絵本は
大きく2つのパートに分かれています。

【絵本】女の子ルビィがコンピューターの中を冒険し、さまざまな
出会いを通じてコンピューターの部品の役目や動きかたを知るストーリー

【アクティビティ】絵本で知った知識や考え方をしっかり身につけるために、
遊びながら学べる練習問題

リンダが描く、色彩豊かな可愛らしいイラスト・キャラクターたち。
主人公が女の子という、子ども向けプログラミング関連の書籍にはめずらしい
手にとりやすさが特長です。

コンピューターやプログラミングは、自分の考えを、動くかたちにできる
楽しさに満ちています。この本がその楽しさを知る一つの入り口となってほしい、
そんな作者の願いがこもった『ルビィのぼうけん』をお子さんと一緒に
楽しんでください。

ベストレビュー

マウスホール

ルビィと一緒にコンピューターそのものの仕組みについて学ぶ物語。
なるほど、マウスがお伴ですね。
さあ、マウスホールから、コンピューター本体に潜入です。
プログラミングの時にも感じましたが、
コンピューターの動きって、謎解きゲームみたいでワクワクします。
何より、ルビィが力強く問題解決する姿がかっこいいですね。
コンピューターを理解して、良い使い手になりたいものだと思いました。
小学生くらいから、この世界、体感してほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リンダ・リウカスさんのその他の作品

ルビィのぼうけん AIロボット、学校へいく / ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊 / ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング


絵本ナビホーム > 専門 > 単行本 > 電子通信 > ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット