話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

あしながおじさん

あしながおじさん

  • 児童書
作: ジーン・ウェブスター
訳: 谷川 俊太郎
絵: 安野 光雅
出版社: 朝日出版社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,420

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年12月08日
ISBN: 9784255010908

小学1年生〜
判型:A5 / ページ数:220ページ

出版社からの紹介

「すてきなことがおこりました。あててみる? でもあたりっこない! 」

100年以上にわたって世界中で読みつがれてきた名作が、詩人・谷川俊太郎氏の訳と
安野光雅氏の絵によって新たな感動とともに誕生しました。

孤児院でけなげに暮らすジュディは、ある日顔の知らない裕福な紳士の目に止まり、奨学金をもらって大学進学を果たします。
ジュディに課された条件は、かならず毎月おじさまへの手紙を書くこと――。

孤独だった少女が持ち前の明るさと想像力をもって、たくましく才能を開花させていく様子は、時代をとわず読む人のこころを掴んで離しません。

読んだことのある方も、読んだ気になっていた! という方も。
ふてくされたり、調子に乗ったり、落ち込んだり、大喜びしたりと表情豊かなジュディの手紙を、ぜひ受け取ってみてください。

◎総ルビになっていますので、小学1年生から読むことができます。
◎本シリーズの見どころであるカラーイラストを多数収録。

ベストレビュー

前向きな気持ちになります

安野光雅さんが手掛けた同じシリーズの『小さな家のローラ』がとても良かったので、他のものも読んでみたいと思いました。
同じ「あしながおじさん」のお話は知っていましたが、久しぶりに読んでもドキドキワクワクしてページを進めました。
こちらはルビがふってあるので、小学生の低学年でも読めるようになっています。
文章からジュディの明るさやたくましさに触れることができ、とても前向きな気持ちになりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子15歳、男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本



みんなで参加しよう!えほん祭

あしながおじさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット