まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
びゅんびゅんはやい はやぶさごう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びゅんびゅんはやい はやぶさごう

  • 絵本
絵: 溝口 イタル
出版社: 交通新聞社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年10月26日
ISBN: 9784330899183

2歳〜
縦245mm×横205mm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

しんかんせんの ひみつの きちへ

いってみよう!


鉄道にまつわる謎を、絵と文章でわかりやすく解き明かす絵本シリーズ、
「でんしゃのひみつ」の第7弾です。
今回のテーマは「E5系はやぶさ」。

最高時速320キロメートルの、日本一速く走れる新幹線です。
本書では、都会や田園地帯、海底トンネルなど、さまざまな場所を走り抜ける「はやぶさ」を追いながら、新幹線が速く、安全に走るための工夫をご紹介。
さらに、JR東日本のさまざまな新幹線車両が集まる、車両基地の様子もルポします。
基地の中では、いったいどんなことが行われているのでしょう?
左右に大きく開く、しかけページもお楽しみください。

びゅんびゅんはやい はやぶさごう

ベストレビュー

北海道まで行くはやぶさ

この方のシリーズは息子が乗り物好きなためほとんど読ませていただいています。

はやぶさと言っても北海道まで行くはやぶさですね。
青函トンネルのことにも触れていました。

ちょっと意外だったのが見開きページが新幹線ではなく車両基地だったこと。
はやぶさ固有のひみつではなくて、新幹線全般の知識という感じでした。

そして毎度のことですが、最後のページは読み応えがありますね!
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


溝口 イタルさんのその他の作品

はしれ!みんなのSL / ながい ながい かもつれっしゃ / ちかてつのふしぎ / ちょうでんどうリニア / ぐるぐるまわるやまのてせん / しんかんせんの1にち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 交通・通信 > びゅんびゅんはやい はやぶさごう

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

びゅんびゅんはやい はやぶさごう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット