話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
にじいろのしあわせ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にじいろのしあわせ

  • 絵本
作: マーロン・ブンド ジル・トゥイス
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にじいろのしあわせ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年12月
ISBN: 9784265851386

小学校低学年
A4変・34ページ

出版社からの紹介

アメリカ副大統領に飼われているうさぎのマーロンくんは、すてきな彼氏と結婚したいと思いました。
でも偉そうなカメムシに反対されて…。

全米で話題、40万部のベストセラー絵本。


本書の主人公、ウサギのマーロン・ブンドは実在するウサギです。
アメリカ合衆国副大統領マイク・ペンス一家がワシントンの公邸で飼っているウサギで、ペンス氏の妻と娘がマーロンをモデルにした絵本を刊行しています。

アメリカの有名コメディアン、ジョン・オリバー氏が、2018年3月に自身のテレビ番組内で本書の刊行を発表しました。直後から大きな話題となり、わずか数か月で40万部超のベストセラーとなりました。
ジョン・オリバー氏と番組側が制作した本書は、ペンス氏の妻と娘が刊行している絵本の「パロディ」という形態をとっています。

この絵本の物語は、それぞれの個性を尊重しあう大切さ、枠にあてはめることの無意味さ、友だちを応援する優しさを子どもたちに伝える絵本となっています。

だれもが幸福になる権利を持っていて、その形はさまざまであっていい。
日本語タイトル「にじいろのしあわせ」には、そんな思いがこめられています。

また、本書の売上の一部を、LGBT支援活動に役立てるため、以下の団体へ寄付いたします。
【認定NPO法人 ReBit(リビット)】https://rebitlgbt.org

ベストレビュー

愛は、永遠なんだから。

うさぎのマーロンが、恋した相手が、オスのウェスリーでした。

ずっと一緒に跳ね回れるように、結婚することになりました。

みんなのリーダーであるカメムシに、

「オスのウサギが、オスのウサギと結婚できるわけないだろう!」

と反対されました。それで、リーダーを交代する選挙をして、

1対8で、カメムシの負けとなり、マーロンとウェスリーが

結婚したお話でした。二人の夢には、お子さんが・・・・・・

「愛は、永遠なんだから。」

同姓を好きになるのは、気にならないのですが、まだまだ結婚

には、理解できない私でした(笑)
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > にじいろのしあわせ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

にじいろのしあわせ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット