季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
お正月が やってくる

お正月が やってくる

  • 絵本
作・絵: 秋山 とも子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2018年12月12日
ISBN: 9784591160657

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

なおこさんの家に今年も年末がやってきました。
浅草の雷門をくぐり、ガサ市でしめなわ・お正月飾りの材料の買い付けがはじまりました。
商店街の一角で、かねこさんは毎年正月飾りを売るのです。
無事に販売を終え、今度はなおこさんの家族も大忙しで年越しの準備にかかります。おおそうじをして、おせちの買出しをして、、、
「あけましておめでとう」。
1月2日は、近所を獅子舞で練り歩き、ようやく忙しいお正月が終わるのです。
都会にのこる、日本の年末年始の行事を、実在するモデル・なおこさんの家族を通してユーモラスかつ細密な筆致で描きます。

ベストレビュー

新年を迎える高揚感

毎年12月になると商店街でお正月かざりを売り、年が明けると、ししまいで町内をねりあるく…。都会に住むなおこさん一家の年末年始をとおして、お正月を迎えることの喜びが描かれています。今はこのような習わしが失われつつありますが、絵本を通して、学ぶことが新鮮です。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

秋山 とも子さんのその他の作品

でんしゃがまいります / おおばっちゃんちに またきてたんせ / 雨をよぶ龍 / でんしゃがまいります / おとうさん / ふくのゆのけいちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > お正月が やってくる

2月の新刊&オススメ絵本情報

お正月が やってくる

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット