なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ベンジーのいぬごや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベンジーのいぬごや

  • 絵本
作・絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ てつた
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784752003472

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『どろんこハリー』の作家が贈る「ベンジー」シリーズ未訳3部作、第3弾!
作家グレアム氏からのオリジナルメッセージ&グレアム氏幼少期の写真付き!

 いつも子どもたちと家の中で寝ていたベンジーは、ある日、家族にいぬごやを作られ、外で寝かされることになりました。
 さびしくて眠れないベンジーは、通りを歩いて、どこかほかに眠れる場所を探しに出かけました。そして、親切なパンやさんと出会ったベンジーは、以来、そこで眠ることに。
 ところがある日、パンやさんが飼っていたねこが、こねこを産んで帰ってきました。パンやさんを出て行かなければならなくなったベンジー、いったいどうなってしまうのでしょうか…。

ベンジーのいぬごや

ベストレビュー

ますます好きになりました

「ベンジーのふねのたび」「ベンジーとはずかしがりやのフィフィ」と読んで、すっかりベンジーのファンに。
第3弾はこちらを読むのも楽しみでした。
大きくなったベンジー。
犬小屋を与えられ、外に寝ることになって…というお話です。
夜歩きしたり、寂しくなったり、やっぱり家族と一緒がいいんですね。
その様子がいじらしくて、ますますベンジーが好きになりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ブロイ・グレアムさんのその他の作品

ほら なにもかも おちてくる / ハリーと うたう おとなりさん / ニブルと たいせつな きのみ / はるがきた / ベンジーとはずかしがりやのフィフィ / ベンジーとおうむのティリー

わたなべ てつたさんのその他の作品

おとうさんねずみのクリスマスイブ / としょかんねずみ5 すてきなわがや / としょかんねずみ4 はくぶつかんのひみつ / としょかんねずみ3 サムとサラのせかいたんけん / としょかんねずみ2 ひみつのともだち / まきばののうふ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ベンジーのいぬごや

『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

ベンジーのいぬごや

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット