話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
森の木

森の木

  • 絵本
作・絵: 川端誠
出版社: リブロポート

本体価格: ¥1,800 +税

「森の木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784845708451

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

第一級の環境保護絵本です

この絵本、物語が絵に囲まれて、いかにも著者の思いが前面に出ている。
それでいて、その文字が絵の一部であるかのように、周りを囲む絵の細やかさと調和していて、素晴らしい。

話は、木の精の話。
木の精が、村人たちと共存していたときは、自然はみんなのものだった。森のめぐみを分かち合い、自然のめぐみ以上のものを欲しなかった。
この均衡を破ったのは、人の欲望である。そして、村人たちの素朴な生活を崩していく権力である。
権力は住民を引き離し、利益を上げるために欲望のまま商人や学者の協力者と手を結ぶ。
温室が作られ季節がなくなる。人工的に環境が変えられていく。
温暖化。無理に育てた木の中に魔物が生まれる。そして、商人や学者や権力に逆襲し、村人さえも土地から追いやってしまう。
最後は環境破壊…。(経済破壊でもある)。

この絵本、今そのものではないか!
この現代そのものを、著者はモクという木の精を通して語りかける。決して主張や説教でないところにこの本の重さと不気味さがある。

読み聞かせをしながら、この絵本は大人のための絵本だと思った。読み聞かせが終わって、子どもに説明できる大人になって欲しい。そんな絵本だと思った。

最後に、崩壊した土地から再生の芽が生まれているところが救いである。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

川端 誠さんのその他の作品

十二支のお雑煮 / らくごえほん ごんべえだぬき / らくごえほん てんしき / 伊賀のキャベ丸 / お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

森の木

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット