ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

介助犬レスキューとジェシカ

介助犬レスキューとジェシカ

  • 絵本
作: ジェシカ・ケンスキー
絵: スコット・マグーン
訳: 吉井 一美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年02月01日
ISBN: 9784776408772

8歳くらいから
24×26cm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

この絵本は実話をもとにしたおはなしです。

主人公はふたりいます。レスキューとジェシカ。
レスキューは介助犬。ジェシカは女の子です。
レスキューは黒のラブラドール。訓練を受けて盲導犬ではなく介助犬になりました。
ジェシカは両足に大怪我を負って、左足は手術で切断されました。義足をつけた生活が始まりました。

自分は誰かの役に立てたら嬉しいのだけれど、と思うレスキューと、もう、しあわせな気持ちになることなんてないんじゃないかなと思うジェシカが、ある日、出会います。

レスキューは介助犬として訓練通りよく働きます。扉を開けたり、物を取ってきたり。
でも、本当に辛い時――ジェシカのもう一つの足も切断しなくてはならなくなった時、自分がジェシカのためにできるのは、ただじっと側にいることだけだと、その意味をわかっているのでした。

あとがきによると、ジェシカは2013年のボストンマラソン爆破事件で大怪我を負い両足を失いました。実際のジェシカは大人で、夫のパトリックも片足を失いました。新婚の二人が心身共に受けた衝撃は計り知れません。そのふたりが「生きる力を与えてくれた」レスキューとの出会って、この絵本が世にでることになりました。
本の帯にはこうあります。
「レスキュー、私たちをあの手この手で笑わせてくれ、元気づけてくれ、
 人生という旅を共に歩んでくれて、本当にありがとう。
 あなたのおかげで、毎日が輝いています。 
ジェシカ・ケンスキー、パトリック・ダウネス」

小学校では福祉について学ぶ時間があります。点字や手話、ユニバーサルデザインなど調べ学習で図書館もよく利用されますが、その中で介助犬、盲導犬、聴導犬の本もよく借りられていきます。
この絵本の巻末にも日本の補助犬についての説明が載っています。
併せてこの絵本を紹介するのもいいですね。

中学年、高学年への読み聞かせにお勧めします。

(山田裕子  小学校司書)

出版社からの紹介

レスキューは、盲導犬の血筋に生まれた子犬です。ところが、訓練士から盲導犬には向いていないと言われ、介助犬の訓練を受けることに。
一方のジェシカは、両足に大けがを負った女の子です。けがのせいで、手術で足を切断しなければならなくなります。
不安と絶望のなか、出会ったふたりはいつしかお互いにかけがいのない存在になっていくのでした……。
作者のジェシカとパトリックは、ともにボストン・マラソン爆破事件でけがを負いました。「私たちはいろんな方々に支えられてきました。この物語を読んで、みなさんが誰かの力になりたいと思ってくださることを願っています」と語るふたりの、実話をもとにした絵本です。

ベストレビュー

作者の実体験

おしゃれなイラストに惹かれ、手に取りました。
大きな怪我をして足を切断しなければならなくなった女の子ジェシカと介助犬レスキューのお話。
運命的に出会い、過酷な訓練を乗り越えるふたりの姿が胸に迫ります。お互いが支え合う存在になるというのは、本当に奇跡のようなことだなと思いました。
ジェシカとは、この絵本の作者。実体験が元になっているそうです。そう聞くと、さらに感動的でした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スコット・マグーンさんのその他の作品

でかワルのマイク / スプーンくん

吉井 一美さんのその他の作品

なるほど! お金のはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > 介助犬レスキューとジェシカ

『うみべのおはなし3にんぐみ』翻訳家・小宮由さんインタビュー

介助犬レスキューとジェシカ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット