宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おどろいた りす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おどろいた りす

  • 絵本
写真: イーラ
文: マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳: 戸澤 柊
出版社: 文遊社

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おどろいた りす」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年12月20日
ISBN: 9784892571275

B5変型/32ページ

出版社からの紹介

だいすきな ねこを のこして

りすは ぼうけんに でかけます



『二ひきのこぐま』の写真家イーラと、『おやすみなさい おつきさま』の絵本作家マーガレット・ワイズ・ブラウンが、いっしょにつくりあげた、写真絵本の傑作、はじめての邦訳!



はじめて みる そとの せかい

はじめて であう どうぶつたちー



どうぶつを撮る理由を訊かれ、「どうぶつはうぬぼれや見栄がないし、目の下にしわがあっても、なんとも思わないから」という言葉を残した、写真家イーラ。現代を生きる子どもの世界を舞台に絵本を書くことを広め、アメリカ絵本の黄金期の中心になった絵本作家マーガレット・ワイズ・ブラウン。

ふたりのユニークな才能の出会いが作りだした、愛らしくたのしい本書をお楽しみください。



アート・ディレクション 加藤賢策(LABORATORIES)

デザイン 和田真季(LABORATORIES)

ベストレビュー

不思議な臨場感

モノクロ写真で、どうしても古風さを感じてしまうのが残念な写真絵本です。
リスと他の動物たちとのツーショットで、とても不思議な感覚になりました。
また、リスやねこの飛翔シーンや動きのあるシーンには圧倒されました。
動物たちがイーラさんに心を許してからこその写真ですね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イーラさんのその他の作品

どうぶつたちはしっている / せかいをみにいったアヒル / ねむい ねむい ちいさな ライオン / 二ひきのこぐま

マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

ウィリーのぼうけん / ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん / まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき

戸澤 柊さんのその他の作品

ABCうさぎ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

おどろいた りす

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット