まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
紙芝居 おもちおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おもちおばけ

脚本: 古山広子
絵: 福田 庄助
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

紙芝居ベストセレクション 第3集

作品情報

発行日: 2018年07月
ISBN: 9784494080762

3歳〜
判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm 頁数:12場面

出版社からの紹介

少年かんたが、お父さんと旅に出た時の話です。町中の宿屋は、どこもいっぱいで、町はずれのさびしい宿屋へ行きましたが、泊まった人が消えてしまうという「へんな部屋」しか残っていませんでした。その夜、二人が寝込んだ頃、しきり板のふし穴から白いものが、出てきたのです。

ベストレビュー

餅にくるまれたお父さん、かわいそうですが、面白いです。

福田庄助さんの画がお話に合っていて、味わいがありました。

江戸時代には使われなくなったり、捨てられたりした道具がおばけになるといった話が多く残っています。たぶん、この原話もそんな民話の一つだと思います。

場面で一番の見どころは。お父さんが餅にされて節穴に引っ込んでいってしまうシーンではないでしょうか。
このシーンの餅にくるまれたお父さん、かわいそうですが、面白いです。
それから火鉢で餅を焼いてみた時、ぷくっと膨れて中の人も大きくなったのを見た時の、宿屋の主人のガッツポーズ(?)も見逃さずに見てほしいです。
(この宿屋の主人、出てくるたびにいい表情してます)
宿屋の主人、一押しです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


古山広子さんのその他の作品

紙芝居 いったんもめん / 紙芝居 たなばたのこねこ

福田 庄助さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / 紙芝居 おにとふくのかみ / かもとりごんべえ / おかあちゃんごめんね / 紙芝居 おいの森とざる森、ぬすと森 / 天からきた大力童子


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 おもちおばけ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

紙芝居 おもちおばけ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット