新刊
なんでもレストラン

なんでもレストラン(文溪堂)

いらっしゃいませ!なにが食べたいですか?次々出てくる料理に、読んでいるだけでお腹が空いてくる絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ふたりママの家で

ふたりママの家で

  • 絵本
作: パトリシア・ポラッコ
訳: 中川 亜紀子
出版社: サウザンブックス社

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ふたりママの家で」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年10月
ISBN: 9784909125095

出版社からの紹介

『ふたりママの家で』は、ふたりの母親と子どもたちの何気ない日常を描いた絵本です。語り手は、母親たちのもとへ一番初めに養子としてやってきた、長女の「わたし」。「わたし」の視点から、同じく養子として迎えられた弟ウィル・妹ミリーとともに、愛情たっぷりに育てられる日々が描かれます。

「ふたりママ」のミーマとマーミーは、正反対の性格ながらも息ぴったりで、楽しいことを次から次へと思いつくお母さんたち。ふたりの手にかかれば、ハロウィーンの手作り衣装だって、家族の食事会だって、野外パーティの企画だってお手のもの!そんな明るいふたりがいとなむ一家の日常は笑い声にあふれ、地域にしっかり溶け込み、親戚やご近所さんたちからも愛されています。しかし、ひとりだけ、一家に鋭い視線を向ける人が…?

お父さんと、お母さんと、その間に生まれた子ども。そんな「典型的な家族」ではないかもしれません。しかし、ふたりママ一家は、確かに存在し、毎日を生きています。地域に根ざす生活者として、軽やかに、しなやかに、力強く日々を送る、とある家族のあたたかな物語です。


2009年 コーポラティブチルドレンズブックセンター(CCBC)
LGBTQ Lives in Selected Children’s and Young Adult Books (児童・ヤングアダルト図書選書リスト LGBTQ部門)

2010年 全米社会科協議会(National Council for the Social Studies)
Notable Social Studies Trade Books for Young People (若者のための注目すべき社会科一般書リスト)

2010年 アメリカ図書館協会(American Library Association)
レインボーブックリスト

ふたりママの家で

ふたりママの家で

ベストレビュー

今の時代に読んでほしい

この絵本の家族は、多くの家族とは少し違っているように
見えるかもしれません。
ママが二人いて、子どもたちはみんな血がつながっていなくて。
でもまぎれもなく、普通の家族なんです。
愛に満ち溢れた。

実際の世の中もそうですが、この絵本の中にも
この家族をよく思わない人が登場します。
わからないことをこわいと思ってしまう人。
だけど、それを含めて、世の中なんだろうなって
とてもとても深く感じました。

小学生のお子さんに、ぜひ読んでもらいたい絵本です。
そして大人にも。
最後には涙してしまいました。
素敵な絵本です。
(スケボウさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

パトリシア・ポラッコさんのその他の作品

がらくた学級の奇跡 / ありがとう、チュウ先生 / 彼の手は語りつぐ / ありがとう、フォルカーせんせい / チキン・サンデー / かみなりケーキ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ふたりママの家で

今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

ふたりママの家で

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット