宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おじいちゃんの大脱走 Grandpa’S Great Escape
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんの大脱走 Grandpa’S Great Escape

  • 児童書
著: デイヴィッド・ウォリアムズ
訳: 三辺 律子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年12月07日
ISBN: 9784092906174

8〜18才
4−6判 384p

出版社からの紹介

おじいちゃんと孫のなんとも悲しい冒険物語

物忘れがひどくなったおじいちゃん。
以前は、第二次世界大戦の時代、イギリス空軍のパイロットだった頃の勇ましいエピソードを
よく話して聞かせてくれていた。
ところが、そのうちに、そちらの方が現実みたいになってきた。
頭の中では、おじいちゃんは、今も、スピットファイアー機のコックピットにいる威勢のいい若きパイロットなのだ。
そして、とうとう、ロンドン帝国戦争博物館に入り込んで、スピットファイアーに乗り込んで大騒ぎする始末。
おじいちゃんの頭の中は、ひどくこんがらがってしまっているらしい。
たまりかねた、パパとママは、ついに、おじいちゃんを老人ホームに入れることにする。
すばらしく快適で、すばらしく楽しい老人ホームとは?

大好きなおじいちゃんがぼけていくのを見守りながら、
何とかしようと奮闘する孫との心温まるはちゃめちゃな冒険物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

デイヴィッド・ウォリアムズさんのその他の作品

世にもおそろしいフクロウおばさん Awful Auntie / おばあちゃんは大どろぼう?! / ドレスを着た男子

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / エヴリデイ / フローラ The One Memory of Flora Banks / パディントン、テストをうける / パンツ・プロジェクト / サイモンvs人類平等化計画



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

おじいちゃんの大脱走 Grandpa’S Great Escape

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット