話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)
  • 読み放題
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)

  • 絵本
文・絵: ケイト・ベアビー
訳: 中井 貴惠
出版社: イマジネイション ・プラス

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年02月27日
ISBN: 9784909809063

22×27p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

初めて学校へ行く日、メイはこわくて行きたくありません。ママに引きずられるように学校へ着いたのですが、ママが目を離した隙に校門の近くにある木に登ってしまいます。するとそこにやはり学校へ行きたくないお友も登ってきました。二人でおしゃべりをしていると、今後は大人の女性が登ってきたのです。その女性は今日初めて学校へ行く先生でした。さて3人はどうするのでしょう?



出版社から
『ハンナとシュガー』(2018年11月弊社刊)の著者ケイト・ベアビーが文と絵を手掛けた第2作目の絵本です。ニューヨークタイムスの日曜版書評でも評判になっております。

翻訳は前作に引き続き絵本読み聞かせ活動20年になる女優でエッセイストの中井貴惠さんです。新学期には最適の読み聞かせ絵本です。

メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)

メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)

ベストレビュー

私だけじゃない

新学期、初めて学校へ行く日、行きたくないと行って、そのまま木に登ってしまったメイ。
みんなが私のこと嫌いだったらどうしよう、自分だけ字が書けなかったらどうしよう等、理由があまりにネガティブですが、
初めてのことって、みんな少なからず不安を抱えているもの。
つい自分だけと思ってしまいがちですが、この絵本を読むと、こんなふうに思っているのは自分だけじゃないんだと思えるかもしれません。
幼稚園イヤイヤ病の娘に読んであげたいです。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ケイト・ベアビーさんのその他の作品

ハンナとシュガー (imagination unlimited)

中井 貴惠さんのその他の作品

バルト 氷の海を生きぬいた犬 / くるみわり人形 / はだかの王さま / いたずらこねこ / はらぺこかいじゅう / あかちゃんがうまれたよ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

メイがはじめてがっこうへいくひ (imagination unlimited)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット