まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
レッツがおつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レッツがおつかい

  • 児童書
作: ひこ・田中
絵: ヨシタケシンスケ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年08月08日
ISBN: 9784062210669

A5変型/64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ひこ・田中&ヨシタケシンスケの世界がオールカラーの新装版となって3か月連続刊行!
シリーズ3巻目の「レッツがおつかい」には、初回限定特典として「レッツシール」を封入!!

レッツは 五さい。
とうさんと かあさんと テレビを 見ていた。
「あんなに、小さいのに、えらいねえ」
かあさんが 言った。
「いっしょうけんめいなのが、かわいいね」
とうさんが 言った。
テレビには 年少さんみたいな 子どもが 二人 いた。
黄色いのと 赤いの。
黄色いのが クリーニングやで ふくを わたしていた。
(本文より)

徹底して子どもの目線から描かれるひこ・田中さんの物語に、大人気の絵本作家、ヨシタケシンスケさんがイラストを描き下ろした「レッツ」シリーズ。ヨシタケさんが初めて子ども向けの書籍に取り組んだ記念碑ともいえる作品たちが、この夏、新装版となって刊行されます。

3巻目の「レッツがおつかい」で描かれているのは、5歳のレッツが、ちっちゃな子がおつかいしているテレビをみて、じぶんだってひとりでおつかいくらいできると、ないしょでおでかけするお話。ぜひ、お楽しみください。

(初出)
本書は、そうえん社から2011年に発行された『レッツがおつかい』をもとに、新装版として出版しました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひこ・田中さんのその他の作品

さらわれたオレオマーガリン王子 / ぼくは本を読んでいる。 / レッツのふみだい / レッツとネコさん / ひよこのピケキョ / 13歳からの絵本ガイド-YAのための100冊-

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

ころべばいいのに / もくもくをつかまえた / 思わず考えちゃう / トイレで読む、トイレのためのトイレ小説 / いいね! / それしか ないわけ ないでしょう



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

レッツがおつかい

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット