おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
やましたくんはしゃべらない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やましたくんはしゃべらない

  • 絵本
作: 山下 賢二
絵: 中田 いくみ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年11月
ISBN: 9784265086436

幼児
A4変・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

となりの席の山下くんは、1年生の頃から6年生の今まで、ひと言もしゃべったことがない。声をきいた友達は、だれひとりいない。山下くんは、決してしゃべらない。京都で「ホホホ座」を営む著者・山下賢二の自伝的エッセイ『ガケ書房の頃』(夏葉社)に収録されている子供時代のエピソードが、気鋭の画家・中田いくみの絵で絵本になりました。

ベストレビュー

子供の個性と許容を考える

学校で一言も喋らない男の子。
それだけで「いじめられそう・・・」なシチュエーションですが、本人の持ち前の明るさが全面に感じられ、その空気に周囲も馴染み、それほど気にすることなく接している。

ちょっと変わっていることは、集団生活の中で勇気がいることだと思うのですが、意地になっているという訳でもなく、ただ何となく・・・という雰囲気で”自分のままでいる”。
そして家族を含め、周囲もそれを受け入れている。
その温かさが根底に感じられるお話でした。

きっと変な子扱いして、陰口をする保護者もいただろうなぁと思いますが、やはり子供の方が順応力が高く、それを良い方に伸ばしてくれる学校だったからこそのお話なのだろうと感じました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

やましたくんはしゃべらない

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット