新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ぼくはなにいろのネコ?

ぼくはなにいろのネコ?

作: ロジャー・デュボアザン
訳: 山本 まつよ
出版社: 子ども文庫の会

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年11月
ISBN: 9784906075591

内容紹介

黄色、赤、青、黒、白の原色が登場し、自分がどんなにきれいで重要か、自慢を始めますが、子ネコのマックスを交えて、この世界の本当の美しさは、すべての色が混じり合ってできていることに気づいていきます。原画の色分解の段階から工夫を重ねたり、コラージュなど様々な技術を駆使してきた画家デュボアザンが、70歳という年齢になって、この世界の色の美しさの不思議を、とてもわかりやすく親しみを込めて、子どもたちに語っています。本書は、1974年にニューヨーク科学アカデミーの児童書部門賞を受賞。

ベストレビュー

色が学べます

貼り絵のような絵に惹かれて、図書館から借りてきました。

ねこの黄色・赤色・青色にちょっと引いてしまうところもありました

が、色をしきりに聞いてくる2歳10ヶ月の孫には、色が混ざること

で、違う色になるということも絵本から学べて勉強になるからいい

なあと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロジャー・デュボアザンさんのその他の作品

しばふって、いいな! / みずたまり / スノーウィとウッディ / ロバくんのみみ / つちをほらなくなったスチームショベル / ハッピーハンター

山本 まつよさんのその他の作品

岩波少年文庫 161 黒ねこの王子カーボネル


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ぼくはなにいろのネコ?

『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

ぼくはなにいろのネコ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット