宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あのねこは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのねこは

  • 絵本
文: 石津 ちひろ
絵: 宇野亞喜良
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年01月25日
ISBN: 9784577047354

子どもからおとなまで
22×22cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

いなくなって気が付くのは、君のかけがえのなさ。
太くて長いしっぽも、りっぱなひげも、うしろすがたも、みどりの瞳も……
すべてが愛おしい。

強い瞳が印象的な少女が想いをはせるのは、いつでもそばにいたはずの彼女の猫。今はもういないけれど、何をしていても、どんな時間でも、その感触やにおい、姿や声まではっきりと思い出せる。そして、そんな彼女の想いの向こう側に見えてくる猫の姿は、初めて見るであろう読者の目にも、とても魅力的。二人の時間がどれだけ蜜月の関係だったかが伝わってきます。

作者は言葉遊びの名手であり、愛猫家としても知られている石津ちひろさん。彼女の亡き飼い猫に対する思いが込められている言葉は、切実でありながら、短い言葉のひとつひとつから体温を感じるよう。その愛情と悲しみの詰まった感情を「少女と猫」の絵として表現してくれているのは宇野亜喜良さん。それぞれが凛としていながら、一緒にいる時の甘い関係が美しく象徴的に描かれます。

そして驚かされるのは、別れを経験したすべての人の心にしみいってくる最後の場面。「わたしからあの子」への想いの言葉がこんな形で表現されるとは。「きみからわたし」のもとにこんな形で言葉が届くとは。一語一語を大切にしている石津さんならではのしかけ遊びになっているのです。個人的な感情でありながら、すべての人の心に深く訴えかけてくる、心に響く一冊です。カバーを外した時の装丁もお見逃しなく…。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あのねこは

あのねこは

出版社からの紹介

あのねこの、においも、なきごえも、すべてがいとおしい…。ことばあそびの名手であり愛猫家で知られる詩人・石津ちひろがうたいあげる、亡きねこへの思い。

ベストレビュー

ねこに対する思い

最後に文字数の言葉遊びだととわかるのですが、いなくなったねこに対する思い、その存在感が見事に語られていて唸ってしまいました。
言葉が少ない分、宇野亞喜良さんの絵が存分に楽しめるのも魅力的です。
猫好き作家のコラボレーションの素晴らしさだと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石津 ちひろさんのその他の作品

もりのおくのクリスマスツリー / スノーウィとウッディ / カルメラのねがい / にんじんかりかりかじったら / All about Families かぞくって なあに? / ぞうのヘンリエッタさん

宇野亞喜良さんのその他の作品

2ひきのねこ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

あのねこは

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット