しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ようこそ! 葉っぱ科学館
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ようこそ! 葉っぱ科学館

  • 絵本
写真・文: 多田 多恵子
出版社: 少年写真新聞社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ようこそ! 葉っぱ科学館」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年01月25日
ISBN: 9784879816603

B5横判  48ページ カラー 上製本

出版社からの紹介

「葉っぱ」はいつも狙われています。虫や草食動物に加え、暑さ寒さや乾燥も強敵です。だから生き残るために知恵を働かせています。

ベストレビュー

「ロータス効果」や「プラントオパール」って、知ってますか?

多田多恵子さんの作られる植物関連の作品はとても読みやすく、興味の対象を分かりやすく描かれているところが好きです。
今回は特に「葉っぱ」について科学的だけれども、小学校中学年くらいからなら十分り替えできるような、不思議なつくりや形、葉っぱの働きなどを写真付きでいろいろ例を挙げて説明してくれていました。

「気孔」を顕微鏡で見る授業って、今は何年生くらいで行うのでしょうか。そこから始まって、葉っぱの大きさ違うとその植物たちにどんな違いがあるのかや、
葉っぱの働きでっ水をはじく「ロータス効果」というものがること、
朝、葉っぱについているのは「朝露」だけれども、
葉っぱの先にたまっている水滴は、葉の中から水孔を通って外に押し出されてきた「道官液」だということも知りました。
このページの「シロホウエンゴサク」の写真がとてもきれいでした。
また、イネ科の植物が、身を守るために葉に作られている「プラントオパール」(植物のガラスの棘」の話も興味深く読みました。「プラントオパール」も拡大写真できれいに見せてくれています。

やはり、植物が好きな人は植物の見方が全然違うんだな〜、すごいなぁと思いながら読みました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


多田 多恵子さんのその他の作品

美しき小さな雑草の花図鑑 / 花クイズブック / ハートのはっぱかたばみ / 身近な木の実・植物の種図鑑&採集ガイド / ドラえもん科学ワ−ルド 動植物の不思議 / びっくり まつぼっくり



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ようこそ! 葉っぱ科学館

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット