ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ぬにゅ〜ぽんぽん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ぬにゅ〜ぽんぽん

  • 絵本
作: ちかつたけお
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぬにゅ〜ぽんぽん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2019年02月14日
ISBN: 9784041076996

1歳〜
17センチ・35ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

いったいこれは何でしょう?
不思議な黄色い物体が、
ぬ?と現れて、イモムシみたいに移動して、あっ! 食べられちゃう!?
えっ……、それから、どうなっちゃうの?!

「にゅにゅ〜」「にゅぽっ」「ぽ〜ん」
思わず口に出したくなる擬音で、
スライムみたいな柔らかそうな形が、垂れたり伸びたり弾んだり。
ページをめくるたび、アニメーションのように変化していく動きが、理屈抜きに気持ちいいのです。

真似して声に出したり、動きにくぎ付けになってページを指差ししたり。
この感覚的な面白さが、小さな子どもたちにばっちりハマるようです。

作者は、ちかつたけおさん。
カタカナ表記でのチカツタケオさんは、『騎士団長殺し』等の装画等を手がける人気画家です。
装画やイラストでの緻密で写実的な絵と、絵本のシンプルで洗練されたデザインでは、ガラッとイメージが違うのが面白いところ。
色と形、簡潔な画面から、想像力を刺激されます。

読み終わったら最初に戻って何度でも続けて楽しめるのも魅力。
楽しい擬音の響きに、親子のコミュニケーションも盛り上がる一冊です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本が誕生!

【感覚的なおもしろさに、子どもが夢中!】
・じっと食い入るように読んだあと「もういっかい」とおねだり。子どもをひきつけるなにかがあるようで、すごく集中しています。(2歳男の子のママ)
・「いなくなっちゃったね」「あ、またでてきた」とやり取りしながら読むのが楽しいです。(2歳女の子のママ)
・「にゅぽっ」「にゅ」「ぷ〜っ」が好きで、口まねをしたあときゃっきゃと笑い声をあげます。(1歳男の子のママ)
・いつもの絵本の読み聞かせとは、明らかに反応が違います。「これはなんだろう?」と気になるみたい。(1歳男の子のママ)
・内容をおぼえたようで、初めて私に絵本を読み聞かせてくれました!(3歳女の子のママ)

「騎士団長殺し」の装画家が絵本作家に!
「好書好日」のインタビュー記事はこちら

この人もおすすめしています

ぬにゅ〜ぽんぽん

ぬにゅ〜ぽんぽん

ベストレビュー

小さな子どもに本の楽しさを届ける絵本!

扉を開くと、黄色いニョロが「ぬ?」と出て来ます。

「ぬ?」?
この先、何があるのかな?

ページをめくると、まっ赤な半円(表紙参照)。
口かな?食べものかな?

オノマトペの連なりと、はっきりした色彩のシンプルな形が、小さな子どもにも分かりやすく、子どもの中で物語が紡がれます。

「にゅ〜っ、ぽんぽんっ!」と、声に出して読み聞かせると、大人も楽しくなってきます。
何度も読んで、子どもと一緒に「ぽんぽんっ」したい一冊です。
(こはこはくさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
     出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。

ちかつたけおさんのその他の作品

くらべるえほん たべもの / いきものづくし ものづくし(10)



2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

ぬにゅ〜ぽんぽん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット