話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
天使のにもつ

天使のにもつ

  • 児童書
著: いとう みく
絵: 丹下 京子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年02月14日
ISBN: 9784494020553

中学生〜
判型:四六判/サイズ:19.4×13.4cm/頁数:223頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

たのむ。
少しでいい。
ほんの少し、ひとりにして。
放っておいて……

ヘトヘトに疲れて、トイレに逃げこむ、ひとりの少年。
コンコン! コンコンコン!
連打されるドア。

「せんせー、ふうたくんがうんちしてる〜」
そしてひびく、無邪気な“天使”の声!?

少年の名は斗羽風汰、中学2年生。
ただいま『エンジェル保育園』にて、絶賛職場体験中!

第66回青少年読書感想文全国コンクール中学校の部課題図書。
軽い気持ちで、保育園を職場体験先に選んだ少年。
彼が過ごす、イメージとはちがい違いすぎる5日間とは……!?

主人公の風汰は、敬語も使えないし、すぐ調子にのるし、いいかげんだし……
先生からしかられても、ノラリクラリとヘリクツばかり。
髪が長すぎると注意されれば、
「目にかかってないからセーフだもんね」
と、前髪を噴水のように結わいてくるしまつ。
その、ふまじめな言動のせいで、担任の先生からも頼りなく思われています。

軽い気持ちで選んだ保育園という職場体験先でも、想像とはまるで違う忙しさに目をまわし、「マジミスった。なんだってオレ、こんなとこ選んじゃったんだろっ」
と、深いため息……

ところが、そんな風汰というキャラクターの、なんと魅力的なことでしょう!
言葉遣いはガサツだけど、性根はやさしく、素直でまっすぐな性格の風汰は、エンジェル保育園の子どもたちに、すぐに気に入られます。

「ふざけた髪型も、だらしない返事も態度も、アホさ加減も、これまで来た中学生の中で群を抜いている。でも、子どもたちはあの子を受け入れている」
彼のふまじめな性格だって、誰かにこうするべきだと教え諭されたコトに身を任せるよりも、なにがほんとうには正しいことなのかを、自分で考えようという姿勢の裏返し……なのかも?

引き取り手のいない、捨てられた子犬。
雨の降る夜にひとり、外で母親を待つ4歳の男の子。

職場体験中の5日間に、風汰にはさまざまな出会いがおとずれます。
それらを通して彼が立ち向かうことになるのは、だれかを守り、育てるということの意味と、そこにある葛藤。
中学2年生の少年には、重い問いです。
それでも、自分の力で必死に答えを探す風汰の不器用な姿に、いつのまにか全力でエールを送っていました。

また、保育園の子どもたちとふれあう中で風汰の感じる、率直なおどろきやとまどいもみどころ!
2歳と3歳のあいだにある、たった1年の時間に、「赤ちゃん」と「子ども」をへだてる決定的な差を感じたり――
とれたてのキャベツを見て「おやさいすき!」とよろこぶ子どもたちに、「昨日の給食で残してたじゃん、野菜……」と心の中でツッコんだり――

「わかるわかる!」と、ほほえましく、なんども笑わせてくれます。

斗羽風汰が出会うひとりの天使――彼が背負う、あまりに重い“にもつ”とは?
そんな天使のために、自分ができることはなにか――風汰が出した答えとは?
保育の世界にとびこんだ少年の、奮闘と成長。
笑って泣ける、オススメの一冊です。


(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

「頼んでまでして、なんで仕事しなきゃなんないの?しかもタダで」
そんな中学2年・斗羽風汰が職場体験先に選んだのは、保育園だった。
「子どもと遊んでりゃいいってこと?ありかも」本当に大丈夫なのか、斗羽風汰。

ベストレビュー

笑いあり涙あり

勘違いで、職場体験先に保育園を選んだ楓汰の悲喜こもごもである。

出だしは、『ケイゾウさんは、四月がきらいです』と『君が夏を走らせる』がミックスしたような感じで笑いを誘う場面があった。

しかしである。現在の保育園及び子どもたちの社会は、そのような笑いで満ち溢れている社会ではない。そのことを、痛切に感じたうえで、いとうみくは次々と作品を世に送り出してくれているのだと思う。

『糸子の体重計』からその萌芽はあり、読者の心に波紋を起こさせる。

最後は、涙でいっぱいになっていた。しおん君のような子どもは今実際にごく身近で暮らしている。そして、風汰のような中学生もいる。

その二人が、偶然であっても関わりを持つことができたのであれば、職場体験も悪くはない。

そして、子どもの成長は評価や数値で測ることができるものではないということも、大人である私に再認識させてくれた。

どうか、どうか子どもたちが子どもたちが安全に幸せに育つことができる世の中であるますように!、そのことを切に願う。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう みくさんのその他の作品

あおぞらこども食堂はじまります! / つくしちゃんとおねえちゃん / 1ねん1くみの女王さま / あしたの幸福 / おねえちゃんって、きょうもやきもき! / 車夫2 幸せのかっぱ



4月の新刊&オススメ絵本情報

天使のにもつ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット