ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
メアリ・ポピンズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

メアリ・ポピンズ

  • 児童書
著: トラバース
訳: 岸田 衿子
絵: 安野 光雅
出版社: 朝日出版社

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年01月
ISBN: 9784255010960

判型:A5/ページ数:214ページ

出版社からの紹介

空から風にのってやってきた、メアリ・ポピンズと不思議な世界へ。
安野光雅が描く、美しい絵の中へ遊びにゆきます。

ある日、ロンドンの美しい桜通りに住むバンクス家に、こうもり傘を差した乳母、メアリ・ポピンズが東風にのって現れます。彼女がやってきてから、子どもたちは大喜び。指をぱちんと鳴らすと、魔法がかかったように散らかった部屋が片づき、不思議な鞄からは何でも出てきます。大道芸人の描く絵の中に入って遊んだり、空中に浮いたままお茶会を楽しんだり……。
日常の風景から、いつの間にか不思議な世界に入り、ひとしきり楽しむと、また当たり前の世界に戻る、空想物語の名作。
詩人・岸田衿子による軽やかな日本語訳と純粋な語感は、時を経ても色褪せず、安野光雅のあたたかく、ユーモアに彩られる空想あふれる絵は、心躍る世界を、そっと閉じ込めて思い出させてくれます。

ベストレビュー

楽しめそうです!

私は、安野光雅さんのイラストがとっても好きです。
そんな親の好みから、我が家の「シンデレラ絵本」は安野光雅さんのものでした。
そして我が家の娘も安野さんのイラストが好きに!
「小さな家のローラ」も読み聞かせ、次は何にしようかと思っていたところ、こちらの「メアリ ポピンズ」を本屋さんで拝見し、欲しくなりました。
読み聞かせ、子供の一人読みにと、楽しめそうな1冊に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸田 衿子さんのその他の作品

赤毛のアン / ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた / さんぽ だいすき

安野 光雅さんのその他の作品

かずくらべ / 安野光雅 自分の眼で見て、考える / あしながおじさん / 旅の絵本 9 スイス編 / かんがえる子ども / みんなでたのしむ もりのえほん



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

メアリ・ポピンズ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット