ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
メアリ・ポピンズ

メアリ・ポピンズ

  • 児童書
著: トラバース
訳: 岸田 衿子
絵: 安野 光雅
出版社: 朝日出版社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,420

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年01月
ISBN: 9784255010960

判型:A5/ページ数:214ページ

出版社からの紹介

空から風にのってやってきた、メアリ・ポピンズと不思議な世界へ。
安野光雅が描く、美しい絵の中へ遊びにゆきます。

ある日、ロンドンの美しい桜通りに住むバンクス家に、こうもり傘を差した乳母、メアリ・ポピンズが東風にのって現れます。彼女がやってきてから、子どもたちは大喜び。指をぱちんと鳴らすと、魔法がかかったように散らかった部屋が片づき、不思議な鞄からは何でも出てきます。大道芸人の描く絵の中に入って遊んだり、空中に浮いたままお茶会を楽しんだり……。
日常の風景から、いつの間にか不思議な世界に入り、ひとしきり楽しむと、また当たり前の世界に戻る、空想物語の名作。
詩人・岸田衿子による軽やかな日本語訳と純粋な語感は、時を経ても色褪せず、安野光雅のあたたかく、ユーモアに彩られる空想あふれる絵は、心躍る世界を、そっと閉じ込めて思い出させてくれます。

ベストレビュー

オシャレなイラスト

安野光雅さんが手掛けた同じシリーズの『小さな家のローラ』がとても良かったので、他のものも読んでみたいと思いました。
メアリーポピンズのお話は、我が家は岩波少年文庫の本で親しんでいますが、こちらは安野さんの大人っぽい絵で楽しめます。時折ページに挟まるカラーのページが、とても素敵です。
おしゃれなイラストなので、大人も楽しめる1冊だと思います。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子15歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸田 衿子さんのその他の作品

7ひきのこうさぎ / どうぶつしんぶん / いかだは ぴしゃぴしゃ / 岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても / 赤毛のアン / ねこどけい

安野 光雅さんのその他の作品

旅の絵本 全10冊 / 旅の絵本 10 オランダ編 / しりとり / 私捨悟入 / 旅の風景 / 文庫手帳2020



舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー石丸幹二さん

メアリ・ポピンズ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット