しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
わかくさのおかで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わかくさのおかで

  • 絵本
作: かじり みな子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わかくさのおかで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年03月14日
ISBN: 9784033329109

3歳から
20cm×28cm/32ページ

出版社からの紹介

うさぎのラビッタちゃんと妹のピョコラッタちゃんは、
山で暮らすうさぎの姉妹です。
雪がとけて、ようやく山にも春がやってきました。
「今日はみんなでピクニックにいこう!」
ある朝、パパがいいました。
そこでラビッタちゃんとピョコラッタちゃんは、
はりきってママのお弁当づくりをお手伝い。
さあ出発!
「ラッタ ラッタ ラビッタ ラッタ」
「たった たった ピョコ たった」
二人はうたいながら若草の丘をすすみます。
見晴らしのいいところでお弁当をひろげ、
おなかいっぱい大満足。
そこでラビッタちゃんとピョコラッタちゃんは
野原を探険にでかけます。
川をわたり、トンネルをぬけ、
二人はごきげんですすんでいきますが、
はっと気がつくと……。

前作『ゆきがふるまえに』(2016年11月)で、
ひとりで町へお買いものにでかけた、
うさぎのラビッタちゃん。
今回は妹のピョコラッタちゃんと、
緑まぶしい丘へとピクニックです。

細密なタッチで、やさしくいきいきとした動物を
描く絵本作家・かじりみな子による、
ラビッタちゃん絵本第2作。

わかくさのおかで

わかくさのおかで

ベストレビュー

イラストも素敵ですね。

幼児期のお子さん向けの絵本かも知れませんが、我が家の小学校低学年の我が家の娘もこちらのシリーズの絵本はよく見かけると一人読みしています。
擬人化されたうさぎの主人公が可愛らしく、またイラストが色合いを含めとても素敵できれいです。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かじり みな子さんのその他の作品

ライオンつかいのフレディ / ふたつでひとつ / ゆきがふるまえに / ドリーム・アドベンチャー



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

わかくさのおかで

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット