しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
世界に伝わる本当に怖い話 (下巻)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界に伝わる本当に怖い話 (下巻)

  • 児童書
著者: 野宮 麻未 怖い話研究会
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年02月
ISBN: 9784652203019

小学校高学年, 中学生〜
サイズ B5変型判 野宮麻未
ページ数 112ページ

みどころ

国はちがえど「怖い」は同じ。
都市伝説に幽霊、心霊スポットに怪奇現象!
世界にあふれる恐怖の宝箱、『世界に伝わる本当に怖い話』の下巻です!

心霊大国イギリス、悪魔の存在を恐怖するイタリア、ほとんどの人が幽霊の存在を信じていないドイツなど――
下巻では、ヨーロッパを中心に怖い話を収録しています。

ヨーロッパということもあってお城が舞台になっていることが多く、また、多くの死者を出した黒死病に端を発する話がいくつもあって、「怖い話」に見る文化のちがいは、上巻よりもはっきりと目立ちます。
そのせいもあってか、フランケンシュタインや吸血鬼、妖精、悪魔にまつわる話など、怖いけれどどこかファンタジックな印象が強いのも、上巻とはまたちがった読み味でたのしいポイント。

そして、やっぱりあります、日本の怪談と似た話!
南アフリカの、女子トイレに出るピンクの幽霊「ピンキーピンキー」や、スペインの学校で本当にあったとされるトイレでの怪奇現象は、まさしく日本の「花子さん」。
世界中の学校に「花子さん」系の怪談が伝わっていることを考えると、やっぱりほんとに出るのかも……

本書で紹介されている心霊スポットや怪談にまつわる場所は、すべて実在のもの。
「インターネットで舞台になった土地や建物の画像を検索し、さらなる恐怖にひたるのも楽しいかもしれません」と本書では提案されています。
では上巻に引き続き、検索するにあたりオススメをひとつ――

それは、フランスはパリの納骨堂、「カタコンブ・ド・パリ」!
もしこんな場所にひとりで置いてけぼりにされたらと思うと……

あなたのお気に入りホラースポットも、きっと見つかるはず!
いや、もしかしたら、あなたが「気に入られる」側かもしれません……

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

イギリスのロンドン塔に住む亡霊たち、パリの地下に広がる納骨堂、イタリアにある地球上で最も呪われた島、スウェーデンに伝わる死者のクリスマス、ドイツのフランケンシュタイン城、ルーマニアの吸血鬼伝説、ロシア版学校の怪談、南アフリカ版トイレの花子さんのピンキー・ピンキー…などなど、世界中の怖い話を集めました。

編集者コメント
日本にはあまり知られていないものも含め、世界中の、震えるほどゾーッとする怖い話をこれでもかと集めました。怖い話を楽しみながら、その国の歴史や地理、お国柄なども知ることのできるシリーズです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野宮 麻未さんのその他の作品

世界に伝わる本当に怖い話 (上巻) / ホンこわ!あなたの後ろの本当は怖い場所 / あなたの後ろの本当は怖い場所(屋外編) / あなたの後ろの本当は怖い場所(屋内編)



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

世界に伝わる本当に怖い話 (下巻)

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット