ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち

  • 児童書
文: ローズマリー・マカーニー ジェン・オールバー 国際NGOプラン・インターナショナル
訳: 西田 佳子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年03月16日
ISBN: 9784890139965

読者対象:小学校高学年以上 ※小5以上の漢字にルビ
A5変型判・上製・96ページ

出版社からの紹介

女の子だからという理由で、
先進国に生まれ育つ子どもたちに当たり前のように与えられているものが、
与えられない子は世界にたくさんいます。

たとえば、学校に行かせてもらえなかったり、食べ物を十分にもらえなかったり、
13歳や14歳で結婚を強いられたり、借金の肩代わりに労働を強いられたり……。

この本に紹介されている8人の女の子たちも、そんな境遇に育ちました。
でも、彼女たちは夢を心の支えに、決してあきらめません。
貧困の連鎖を断ち切るためにはどうすればいいのかを考え、
それに向かってひたむきに進む姿は、その子だけでなく周りにも変化をもたらします。

性差別、児童労働や性的虐待、貧困など、
世界中の女の子が抱える問題について知り、考えてみるのにも最適な1冊。

著者のひとりであるローズマリー・マカーニーは、
国際NGOプラン・インターナショナル、カナダ事務所前代表。
プランのグローバルキャンペーン、
「Because I am a Girl(わたしは女の子だから)」を立ち上げに関わりました。
同キャンペーンは、性差別をなくして女の子の権利を守り、貧困から救うため、2007年から実施されています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローズマリー・マカーニーさんのその他の作品

私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》 / すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》 / マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ

西田 佳子さんのその他の作品

あるけ!ねがいをこめて 子どもたちの権利のためにたたかった女性 マザー・ジョーンズ / ぼくがスカートをはく日 / マララの物語 わたしは学校で学びたい / おたずねもの姉妹の探偵修行(4)クリスマスの暗号を解け! / おたずねもの姉妹の探偵修行(3)踊るポリスマンの秘密 / おたずねもの姉妹の探偵修行(2)チョコレートは忘れない



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット