まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
もういいかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もういいかい

作: 岡野 薫子
画: 太田 大八
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もういいかい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

岡野薫子×太田大八! 日本の児童文学を牽引してきた二人の、名作ファンタジー絵本が復刊決定!

『銀色ラッコのなみだ』や「森のネズミたち」シリーズなど、子どもを魅了してきたストーリーテラー岡野薫子と絵本界の至宝・太田大八のコラボ作品。

友だちとのかくれんぼで、おいてけぼりになった少年カオル。カオルの前に見知らぬ一人の少年が現れ、カオルを遊びに誘う。
少年に導かれるまま、カオルは不思議な場所へ。
そんなカオルの前で自慢の太鼓をたたいて見せる少年のアタマには、いつしか角が生えてきて…。
謎めいた少年の正体は?

巨匠・太田大八の貴重原画から、色鮮やかな大型本として新装復刊!!

ベストレビュー

鬼ごっこ

少し大型の絵本です。

鬼ごっこをしていた鬼になったカオルをおいてきぼりにして、

みんな帰ってしまいます。

それを可愛そうに思った鬼の子が、自分の住まいに誘います。

太鼓を叩く鬼の子の頭からは、立派な角がありました。

カオルは、急に怖くなって鬼の子と鬼ごっこをして、鬼の子に

鬼になってもらって、カオルも鬼の子をおいてきぼりにして

帰ってしまいました。

カオルを追いかけるように、たちまち夕立になって雨が降って

きました。”ゴロゴロ ゴロ”と雷の音、

「やあい、みつけたぞ。」

今度は、

「あはははは。」

裏表紙では、雲の上で鬼の子が楽しそうに太鼓を叩いて

ました♪
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

岡野 薫子さんのその他の作品

シカの童女 / 森のネズミのさがしもの / 森のネズミのたんけん隊 / 森のネズミとお月さま / 森のネズミの雪あそび / 森のネズミのゆうびんや

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / なんげえはなしっこしかへがな / もしも… / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5



>絵本エイド ―こころにひかりを―

もういいかい

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット