話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
火のカッパ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

火のカッパ

  • 絵本
作: 漆原智良
絵: 横松桃子
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年01月
ISBN: 9784337025110

幼児から
A4判 40ページ

出版社からの紹介

ゲンタが成長するにつれて、戦争の影がしのびよってくる。そして、東京大空襲の日。家族とはぐれてしまったゲンタに、戦火が迫ってくる。ところが、炎の壁を切り裂くようにあらわれたその男は、おばあちゃんが熱心に信じていたカッパに見えたのであった…。著者が戦災孤児となった体験をもとに、戦争の悲しさと平和の大切さを丁寧に伝える。

火のカッパ

ベストレビュー

平和の礎

 時代は移り、おとぎ話はどんどん増えてゆくのです。
その中には、本当の話が実はいっぱいあるのかもしれません。
今、平和な日本でいられるのも、そんなおとぎ話のお陰だろう、
そう思います。

 カッパを私は見たことがありません。
だから昔のゲンタと同じです。
でもこの頃、自然の猛威、時として暗くて大きな力を感じます。
それがもし、人や国が引き起こすものだとしたら?
ゲンタのおばあちゃんの気持ち、少しわかる年齢になりました。

 平和を願っても、持っていられるようなものではありません。
カッパがなぜ今現代も人間にいるのか・・・。
水の中にいるはずのカッパが、なぜ火のカッパになるのか、
とても大きな宿題をもらった気がします。

 漆原智良さま、ももこ画伯、感謝です。
(もゆらさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


漆原智良さんのその他の作品

かがやけ!虹の架け橋 ー3.11大津波で3人の子どもを失った夫妻の物語ー / 天国にとどけ! ホームラン / ぼくと戦争の物語 / スワン 学習障害のある少女の挑戦 / おばあちゃんのことばのまほう / 心といのちを守る5つの童話 ぼくたちの勇気

横松桃子さんのその他の作品

風になったヤギ / 『ミシン』それは宝物 / 川のいのち / 田んぼのいのち / 街のいのち



今月の新刊&オススメ絵本情報

火のカッパ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット