まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
あみかけクジラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あみかけクジラ

  • 絵本
文: 川村 たかし
絵: 赤羽 末吉
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年03月20日
ISBN: 9784776408895

30×22p 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

およそ400年前、紀伊国(和歌山県)の太地。
入り江の奥にある村には、時々くじらが迷いこんでくる。
「あのでっかいやつをしとめることができたら、ちっとはくらしもらくになるがのう」村人たちはつぶやいていた。

そんな海を鋭い目でにらんでいる男が2人いた。
腕はよいが、あらくれ者のでんじと、どうにかしてクジラを捕る方法はないかと考えつづけているいえもんだ。

ある日、入り江の外にクジラが現われた。
村人たちの小舟が逃げる中、でんじだけが小山のように大きなクジラに立ち向かう。
クジラには逃げられてしまったが、いえもんは、村のみんなで力をあわせてクジラとりをすることを提案する。
だが、でんじは一人で海に出ると断った。

それからは村中が大忙しだった。
山から木をきりだし、いたにひく。
船をつくる仕事場では、コンコンとつちの音が響き、もりをつくる小屋では、トンテンカン、トンテンカンと鍛冶屋が夜まで働いた。
そして、大勢の男たちが、巨大な網をあんだ。
いえもんには、ある作戦があったのだ。

冬のある日、ついにくじらがやってきた。
だが、あたり一面霧がかかり、目の前から海が消えた。
やがて村人たちは驚くべき光景を見る。クジラたちが水の中から走り出て、海の上をとんでいるのだ。
でんじは、親子のクジラの子どもを狙ってもりを投げるのだが――。

1973年に刊行された名作「クジラむかしむかし三部作」が、復刊されました。本書をはじめ、『もりくいクジラ』『クジラまつり』と物語は続き、クジラと向き合う村人たちの姿と時間を、力強い文章と絵で描きあげます。

生きるためにクとジラと向き合う男たちは、大きな犠牲を払います。その一方で、自分の身を挺して子クジラを守ろうとする母クジラの思いに、胸を深く打たれるのです。
生きるための厳しさ、そして自然への尊敬の念にあふれた心震える1冊です。

(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

太地の大男、でんじは村一番の漁師だった。ある日、入り江の外に現れたクジラうをしとめようと、でんじは一人で立ち向かう。雄々しいその姿に仲間たちも心動かされ、村をあげてのクジラとりが始まった。

1973年に発行された作品を復刊しました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川村 たかしさんのその他の作品

クジラまつり / もりくいクジラ / 酒呑童子 / おおきさくらべ / 心うたれるほんとうにあった話4年生 / ばけずきん

赤羽 末吉さんのその他の作品

シカの童女 / 黄金りゅうと天女 / ほうまんの池のカッパ / へそとり ごろべえ / ひょうたんめん / さるとかに



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

あみかけクジラ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット