新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

モルモット・オルガの物語

モルモット・オルガの物語

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
訳: おおつかのりこ
絵: いたや さとし
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「モルモット・オルガの物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年12月13日
ISBN: 9784569787213

小学校中学年から
中学年から A5判上製 160ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

オルガは、物語をつくるのが大好きなモルモット。ペットショップからオガクズ家へとやってきました。自分だけの小屋があるし、タンポポだって思う存分、食べられます。

 ネコのノエル、ハリネズミのファンジオ、カメのグレアムという友だちもでき、にぎやかな毎日がはじまりました。

 だけど、楽しいことにはトラブルもつきもので……。

 『くまのパディントン』で世界的に著名なマイケル・ボンドが描く、クラシカルでコミカルな動物ファンタジー。本作は「オルガ・ダ・ポルガ」シリーズ5巻のうちの1巻目。

 <目次>オルガ、ペットショップを出る/オルガ・ダ・ポルガ、名前をつけられる/オルガ、がぶりとかむ/オルガの物語/オルガ、友だちができる/オルガ、ぬけだす/オルガ、賞をとる/オルガ、うわさをながす/オルガと「サリーのピューマ」/オルガ、事故にあう/金平糖のモルモットの踊り/月ロケットの夜/こっそりやってきたのは……

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • このおっぱいだあれ
    このおっぱいだあれの試し読みができます!
    このおっぱいだあれ
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    動物のおっぱいがたくさんでてきます。クイズにもなりますのでお子様たちと遊んでください。


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > モルモット・オルガの物語

みんなで参加しよう!えほん祭

モルモット・オルガの物語

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット