もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ねずみのシーモア
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみのシーモア

  • 絵本
作: 池田 朗子
絵: 福田 利之
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年02月
ISBN: 9784251099150

幼児から
25×22cm 32ページ

出版社からの紹介

シーモアは喫茶店に住んでいる小さなねずみの男の子。うまれてこのかた、お店の外に出たことがありません。ある日の夜、いつものように店主が残してくれたチーズケーキを食べようとすると、1冊の黄色い本が落ちてきました。ページの間から現れたのは、紙のようにペラペラのねずみ! そのエニモは「本の中」にシーモアを誘います。思いきって飛びこむと…そこには、まだ見たことのないいろいろな世界が広がっていたのでした。旅から戻ったシーモアが気づいたこととは…?

ベストレビュー

本の世界は 広い いろんな世界が広がっている 

絵本が読める小さな喫茶店   東京の原宿にあるそうです

そこで 人形劇展があり そこから生まれた 絵本だそうです

夜みんなが帰ったあと 本棚から出てきた ネズミのシーモアは 
チーズケーキを見つけて食べようとしたとき、 ペラペラのネズミが落ちてきました
名前は エルモ(ネズミの形の しおりのような・・・・)

エルモは本の冒険の旅に シーモアを連れて行ってくれました

広い世界を見たのが初めてで ワクワク
海 さかなたち   森の中 動物たち 宇宙
そこで見つけた チーズが食べたくなりました 
エルモは「チーズのすきな おうさまのおはなし」をしてくれるのです

シーモアはいつかしら  世界の広さにあこがれ もっと知りたいと 旅立つのです

本の世界は 皆さんにも いろんな 世界を 見せてくれます

絵本が読める喫茶店 いいですね〜(夢が広がります)
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 利之さんのその他の作品

福田利之作品集2 / ロシアの絵はがき30文字 / 祈る子どもたち / 赤い金魚と赤いとうがらし / いまからノート / 福田利之といくフィンランド



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ねずみのシーモア

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット