宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし

  • 絵本
著: ステイシー・マカナルティー
絵: スティービー ルイス
訳: 千葉 茂樹
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

発行日: 2019年04月10日
ISBN: 9784097268246

3〜12歳
B12取変型・36p

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

〈 書籍の内容 〉
<たいよう>本人が語る宇宙科学絵本
銀河系1000億個の星の中で、地球にとっていちばん大切な星といえば、そう、太陽。ちょうどよい距離から、地球に光とあたたかさを届けてくれています。
そんな太陽のヒミツや、地球との関係、太陽系の仲間達のことなど、太陽本人がやさしく語る、宇宙科学の入門絵本です。

「とてもまぶしく輝いて、あたたかな光を届けてくれる、たいよう。
まいにち見ているから、なんだかあたりまえになっているけど、
ほんとうはとっても面白いんだ。
そんなたいようのひみつを、この本で学んでみよう!」

監修/国立天文台 渡部潤一教授

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
私たちは、太陽が昇ったり沈んだりするのに合わせて毎日暮らしています。
野菜などの食べ物も太陽が育んでくれるし、日本の四季の楽しみも、太陽あってのこと。
なんだか当たり前に思っている太陽の存在を、改めてゆっくり考え、楽しく思いめぐらすことのできる、STEM教育にもぴったりの宇宙科学絵本です。

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし

ベストレビュー

大切な星 太陽

昔、昔およそ46億年前に、とても素晴しい大切な星”太陽”が

生まれた。

  光輝く大きなエネルギーの塊の”こうせい”

  とっても才能豊かな人気者

“たいよう”について、とても詳しくわかりやすい説明と、イラストで

描かれていました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ステイシー・マカナルティーさんのその他の作品

ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで / つき ちきゅうの いちばんの ともだち / 天才ルーシーの計算ちがい

千葉 茂樹さんのその他の作品

写真科学絵本 ひとすじの光 / リスタート / ベストマン / いっぽんのきのえだ / 歯のえほん / ソロモンの白いキツネ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット