INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
「いたいっ!」が うんだ 大発明  〜ばんそうこう たんじょう ものがたり〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「いたいっ!」が うんだ 大発明 〜ばんそうこう たんじょう ものがたり〜

文: バリー・ウィッテンシュタイン
絵: クリス・スー
訳: こだま ともこ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「「いたいっ!」が うんだ 大発明  〜ばんそうこう たんじょう ものがたり〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

発明のきっかけは、新婚さんのほほえましいエピソード

作品情報

発行日: 2018年12月
ISBN: 9784895722315

小学校低学年から
A4変型判・32ページ

出版社からの紹介

1920年のアメリカ。料理のたびにケガをするそそっかしい奥さんを心配したアールさんは、一人で手当てできる救急ばんそうこうを発明し…。

救急ばんそうこうの発明から製品化、普及までのエピソードを楽しく描いたノンフィクション。

ベストレビュー

愛情あふれるお話でした

絆創膏が何故生まれたのか?
それがこんなにも愛情あふれるお話だったなんて!
読んでいてほのぼのしてきてしまいました。

アメリカンホームドラマのような構成でしたが、読んでいてテンポが良く、内容が楽しく頭に入ってくる感じでした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こだま ともこさんのその他の作品

ウサギとぼくのこまった毎日 / クレンショーがあらわれて / アレックスとまほうのふね / ふしぎなしっぽのねこ カティンカ / このねこ、うちのねこ! / なかないで、アーサー てんごくへいった いぬのおはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 「いたいっ!」が うんだ 大発明 〜ばんそうこう たんじょう ものがたり〜

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

「いたいっ!」が うんだ 大発明 〜ばんそうこう たんじょう ものがたり〜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット