ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
ぼくらの山の学校

ぼくらの山の学校

  • 児童書
作: 八束 澄子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年12月18日
ISBN: 9784569787275

小学校高学年
四六判上製/223ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある事件がきっかけとなり、学校にも家にも居場所がないと感じはじめていた、小学4年生の壮太。ある日、偶然テレビの特集で取り上げられていた「山村留学センター」に目がくぎづけになり、川遊びや祭りに歓声をあげる子どもたちの笑顔が忘れられなくなっていた。

 「──ぼくの居場所って、ここじゃないのか?」

 そう感じた壮太は、センターに行くことを決意。小学2年〜6年生の13人が在籍するセンターでは、親元をはなれたメンバー自らが食材となる魚を釣ったり、地元の人と協力しながらお祭りを運営したりと、のびのびとした毎日が待っていた。家族関係や進路、学校での悩みをそれぞれ抱えながらも、大自然を舞台に成長していく小学生たちの物語。実際の山村留学センターを取材した著者が書き下ろした渾身の1冊。

ベストレビュー

親もとを離れて暮らす子どもたち

ちょっとした誤解でいじめを受けるようになった壮太。居場所を失った壮太の山村留学センターに入った動機と、山村留学センターで暮らす子どもたちののびのび感とのギャップが、このお話のキモかもしれません。
それぞれに理由があって一緒になった子どもたちは、解放されることで、きらめき始めました。
センター暮らしが躍動感たっぷりに描かれていて、まぶしさを感じました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


八束 澄子さんのその他の作品

団地のコトリ / 明日のひこうき雲  / 講談社青い鳥文庫 わたしの、好きな人 / 空へのぼる / ポプラ文庫ピュアフル 明日につづくリズム / パパは誘拐犯



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

ぼくらの山の学校

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット