まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
紙芝居 うしかたとやまんば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 うしかたとやまんば

脚本: 坪田 譲治
絵: やべ みつのり
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ぞくぞく こわ〜い おばけかみしばい

作品情報

発行日: 2016年07月
ISBN: 9784494080502

3歳〜
判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm 頁数:16場面

出版社からの紹介

牛方がしおさばを積んで山道を歩いていると、山んばが出てきて、さばをくれといいます。やると、たちまち食べてしまって、牛までも食べてしまって、こんどはお前をとって食うぞと追ってきます。

ベストレビュー

本当は怖いお話

牛方山姥は、扱いによってはとても怖いお話です。
その怖さをソフトにくるんだやべさんの絵で、我慢できる怖さに収まっているようです。
後半のやまんばが、どこか間が抜けているだけに、そこまで子どもたちがついてこられるようにと思いました。
このお話の終わりは、もっと残酷な結末だったり、牛方が裕福になったりするバージョンがあるのですが、そのことを考えると、ちょっと尻すぼみになってしまったところが残念です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


坪田 譲治さんのその他の作品

百年文庫(43) 家 / 紙芝居 おにろく / 赤いろうそくと人魚 / 雨月物語  / 偕成社文庫 新版)日本のむかし話(7) / 偕成社文庫 日本のむかし話8

やべ みつのりさんのその他の作品

紙芝居 くらべっこ / 紙芝居 ぼくの め / 紙芝居 ひろしとひまわり / 紙芝居 小さな神さま



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

紙芝居 うしかたとやまんば

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット