あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
初恋まねき猫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

初恋まねき猫

  • 児童書
文: 小手鞠 るい
絵: 岡田 千晶
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「初恋まねき猫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年04月
ISBN: 9784065151181

四六判/178ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

春休みにスキーで脚を骨折し、新学期早々学校を休んで退屈していた中学2年の龍樹の部屋の窓から、とつぜん銀色の美しい猫が現れる。猫のしなやかな動きに心を奪われた龍樹はずっと忘れていた絵を描きたい気持ちを思い出し、目の前にあったノートを一枚破ると・・・・・・


「この小説は、小手鞠るいから読者への贈物だ。」金原瑞人氏推薦!  
一般文芸のみならず児童文学界でも話題作を次々と発表し活躍する作家、小手鞠るい氏の最新作。画家になる夢を諦めていた少年と、童話作家を目指す少女と、謎めく銀色の美しい猫・・・・・・ふたりと一匹が出会う、淡い初恋物語。「小説という贈物は、ただ自分の好みに合っているだけでなくて、「えっ?」というささやかな驚きがあってほしい。そんなぜいたくで、切ない、切なる想いをかなえてくれる作品が、この『初恋まねき猫』。」(翻訳家・児童文学研究家・法政大学社会学部教授)

目次
1 天井の星座とカバさんの季節
2 アンジュとサージュ
3 ばら色の午後とすみれ色の夕暮れ
4 不安の雨雲と太陽の涙
5 魔法のオルゴールと空っぽのマッチ箱
6 十二の真珠とふるえる石
7 ふたりと一匹と一冊

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小手鞠 るいさんのその他の作品

少女は森からやってきた / どうぶつのかぞく パンダ ぼくのなまえはユウユウ / ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ / ある晴れた夏の朝 / うさぎのマリーのフルーツパーラー / まほうの絵本屋さん

岡田 千晶さんのその他の作品

ちいさな魔女とくろい森 / ひだまり / ゆめのとびらをひらくとき / ハンカチさがし / きょうだいぎつねの コンとキン / 宮沢賢治の絵本 ざしき童子のはなし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

初恋まねき猫

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット