新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
はるとあき

はるとあき

  • 絵本
作: 斉藤 倫 うきまる
絵: 吉田 尚令
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年05月17日
ISBN: 9784097268505

3〜12歳
B5変・32p

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「はる」が目覚めれば、寒さはだんだん和らいで。
「ふゆ」のところへ行って交代します。

「あら いちねんぶりね はるが きたわ」

何か月かして、日が長くなる頃、今度は「なつ」がやって来る。そうして交代すれば、今度は季節が夏になるのです。
ある時、なつは言います。

「ようし あきが くるまで がんばるぞ」

あき?

はるは気が付きます。
そういえば、私はあきに会ったことがない。
いったいどんな子なのでしょう。
ふゆが言う「あき」と、なつが言う「あき」は全く違うから想像もつかない。
そうだ、手紙を書こう。

そこから始まるはるとあきの往復書簡、いい思いつきです。
顔も知らない、話したこともない相手。
あなただったら、どんなことを書くのでしょうね?
ふたりは少しずつ、自分のことを話します。
話しながら、相手のことを少しずつ知っていきます。
ふたりの想像の世界はどんどん広がります。
なんて素敵なやりとりでしょう。
満開の桜を知り、山も林も真っ赤になる紅葉を知り。
空の色は同じ青だと知り、音楽の流れる夜を知り。
でも、何度目かの手紙を預けながら、はるは思いもよらないことを言うのです……。


春夏秋冬、めぐる季節の中にこんな物語がかくれていたなんて! 春と秋、季節は違えど、確かに似ているところもあって。夏と冬との関係とはなんだか違う。惹かれあうふたりだけれど、知れば知るほど、本当に知りたいことに手が届かないような気もしてきて……。このもどかしさがたまらない。

切ないけれど、嬉しさが上回るふたりの可愛らしいやりとりを、優しさがにじみ出ているような美しい絵で存分に味わってくださいね。きっとみんな「はるとあき」のことが好きになってしまうはずです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

はるとあき

はるとあき

出版社からの紹介

そうだ あきに てがみを かこう

春夏秋冬と季節は巡ります。
「私はあきにあったことがない。」
そう気づいたはるは、あきに手紙を書くことを思いつきます。
そこから始まる、はるとあきの往復書簡。
忘れつつある大事なことを、思い出させてくれます。

ベストレビュー

素敵なお話

季節の巡りとともに交代で姿を現す
擬人化された四季(はる・なつ・あき・ふゆ)たちが繰り広げる
文通のお話。
「はる」は「ふゆ」に起こされて、「なつ」と交代するので
「あき」に会ったことはない・・という
おぉっと唸るような設定が素敵です。

「はる」と「あき」は会ったことはないけれど
お互いに興味があるようなのに
「なつ」と「ふゆ」は、その存在は知っていても「知りたい」とは思わないようで、
違いすぎると友達にはなろうとも思わないものなんでしょうか。

あたたかい書簡のやりとりは
過ごしやすい季節である「はる」「あき」そのものです。

四季のある日本に生まれてよかったと
再確認した一冊です。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 倫さんのその他の作品

レミーさんのひきだし / まちがいまちに ようこそ / ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集 / えのないえほん / 波うちぎわのシアン / クリスマスがちかづくと

吉田 尚令さんのその他の作品

鳥箱先生とフゥねずみ / くまのこのるうくんとおばけのこ / 雨ふる本屋と雨かんむりの花 / ふゆのはなさいた / 雨ふる本屋と雨もりの森 / 漢字はうたう



今月の新刊&オススメ絵本情報

はるとあき

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット