話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参

  • 児童書
編著: 氏田 雄介
絵: 武田 侑大
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年04月23日
ISBN: 9784569788593

小学校中学年から
四六判並製・191ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

爆笑問題・太田光さん推薦!!――あの短編の名人、星新一先生が天国でこの本を読んだら、こう言って笑うかもしれない。「私は書きすぎだったかな?」

 9マス×6行の原稿用紙につづられた、世界一短い(かもしれない)短編小説として、SNSで話題の『54字の物語』。待望のシリーズ第3弾では、これまでに「54字の文学賞」に寄せられた9000作を超える投稿作の中から、特にゾクゾクする作品を厳選して収録! さらに、爆笑問題・太田光さんをはじめとする著名人、さらに、『54字の物語』シリーズの作者である氏田雄介氏による、書き下ろし作品も収録。

 ◆佐藤がタイムマシンに乗って、昔の自分の両親に会いに行ったらしい。未来が変わる危険もあるのに大丈夫かな、鈴木。

 ◆一つ目小僧だった友人から「ついに二つ目になったよ」と連絡があった。前も後ろも、よく見えるようになったそうだ。

 ……など、子どもも大人も虜にする、極上の90話を収録。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

氏田 雄介さんのその他の作品

旅する54字の物語 / カサうしろに振るやつ絶滅しろ! 絶滅してほしい!?迷惑生物図鑑 / 54字の百物語 / 超短編小説で読よむ いきもの図鑑 54字の物語 ZOO / 歴史がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 史 / 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 ゾク編 54字の物語 怪


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参

2月の新刊&オススメ絵本情報

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット