新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
タタタタ

タタタタ

  • 絵本
作・絵: りとう ようい
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年04月17日
ISBN: 9784790253730

3〜4歳児
27.9×20.7cm・24ページ

みどころ

タタタタ

ここはサバンナ。チーターが走っています。
土埃をあげ、目線は遠く駆け抜けます。
その姿、なんてかっこいいのでしょう。

タタタタタ

気が付いたガゼル、おびえて逃げ出します。
つかまったら大変です。

ぴょーーーん!!

あれ? チーターはガゼルを飛び越した?

タタタタ、
まだまだ走るチーターにヌーの群れは大混乱。
おかまいなしに蹴散らしていくチーターは、
しまうまやゾウのいる水飲み場をつっきって……
いったいどこへ向かっている??

みどころはなんといっても、臨場感たっぷり、大迫力で駆け抜けるチーター。
しなやかなその体、長く美しいしっぽ、しっかりと地面を蹴り上げる大きな両足にぶれない視線。
ページをめくるたびに、うっとりとその姿を眺めていると、事態は急転します。

あれれ?
あれれれれ?

……続きはもちろん読んでからのお楽しみ。

この驚きの展開! はじまりと終わりの落差!
これこそ、絵本の面白さ。この体験こそ、子どもたちに味わってもらいたい。
そして思いっきり笑ってもらいたいのです。

最後のチーターの姿はあまりにも愛らしく、展開を知ってからでも、繰り返し読みたくなる1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

チーターが走っています。
チーターの姿に気がついたガゼルがおびえています。
でも、あれれ?
ガゼルを飛び越していきました。
チーターはいったいどこへいくの?

全速力でサバンナを駆け抜けるチーター。
ガゼルを飛び越え、ヌーの群を蹴散らして駆け抜けていきますが、
最後のオチでくすりと笑ってしまいます。
おはなしの始まりと終わりの落差は必見です!

ベストレビュー

このチーターのカメラアングル、すごいです!

躍動感あるチーターほか、サバンナに生きる動物たちの動きが、どこかの動物番組でやるような「瞬間、カメラは見た!」みたいな迫力ある絵で、各ページ魅せてくれます。
読んでいる(見てる)方は、チータの気分になって走っていけます。
ただ、サバンナを走っているだけなのに、何度も何度も見返したくなる作品でした。
個人的に特にお薦めのは、カバの親子が出てくる最後のシーン。

「がぶっっ!?」
の時のこの親子の顔、楽しんでください。
読み聞かせに使うなら、4,5歳くらいから小学校高学年以上でも楽しめる作品だと思います。

(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

りとう よういさんのその他の作品

ひー / おにのおふろや / でたでたでた / どうじょどうじょ / べんべけざばばん



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

タタタタ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット