新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
どうぶつたちのナンセンス絵本

どうぶつたちのナンセンス絵本

  • 絵本
作: マリー・ホール・エッツ
訳: 小宮 由
出版社: KTC中央出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年04月19日
ISBN: 9784877587949

B5変型 上製

出版社からの紹介

ユーモア&アイロニーに笑みがこぼれる
どうぶつとわたしたちの世界

人気絵本作家マリー・ホール・エッツ未邦訳作品の初翻訳。ぼうしをかぶったカバ、夫人を食べてしまうワニ、ベッドの下のマナティなど、素朴で風変わりな動物たちが出てきます。シンプルでのびやかな線画とユーモアたっぷりの詩の絵本。奥深いナンセンスをお楽しみください。

ベストレビュー

奥深いナンセンス

あのマリー・ホール・エッツさんがナンセンス絵本!?と手に取りました。
たくさんの動物たちの、ショートポエム、といったところでしょうか。
絵本というより、小話集といった印象です。
『BEASTS and Nonsense』が原題。
動物たちを、独特の温かい目で取り上げてきた作者らしく、
ブラックとはいえ、動物たちへの思いを感じました。
と同時に、動物たちと人間のかかわりについても考えさせられました。
ともあれ、ナンセンス、と銘打っているだけあって、
かなり自由な発想に脱帽です。
意外に人間もたくさん取り上げられているのが印象的です。
そう、人間もまた、BEASTSですからね。
カバは英語でヒポポタマス、ですが、
複数になったらヒポポタミーですって。
なかなかのトリビアです。
イボイノシシやハシビロコウまで扱っているとは。
ナンセンスな味わいを理解するために、
小学校高学年以上くらいがいいと思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリー・ホール・エッツさんのその他の作品

ねずみにぴったりの のりもの / ロベルトのてがみ / ペニーさんのサーカス / いどにおちたぞうさん 改訂版 / ねずみのウーくん いぬとねことねずみとくつやさんのおはなし / おやすみ、かけす

小宮 由さんのその他の作品

まほうつかいウーのふしぎなえ / イワンの馬鹿 / かしこい うさぎの ローズバッド / 歌がにがてな人魚 / デイビッド・マックチーバーと29ひきの犬 / きれいずきのマグスおばさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > どうぶつたちのナンセンス絵本

2月の新刊&オススメ絵本情報

どうぶつたちのナンセンス絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット