新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
おーい、こちら灯台

おーい、こちら灯台

  • 絵本
作: ソフィー・ブラッコール
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年04月
ISBN: 9784566080485

30.4cm×18.4cm 50ページ

みどころ

その灯台が立っているのは、世界のさいはてにある小さな島。永遠に続くようにと建てられ、船を安全に導くために、遠くの海まで光を送るのです。

「……おーい!……おーい!
 おーい、こちら灯台!」

灯台のあかりを灯し続けるのは灯台守の仕事。レンズをみがき、油をつぎたし、ランプの芯を切りそろえる。レンズが回り続けるように、ぜんまいをまき、些細な事も全て灯台日誌に書き綴る。

360度見まわしても海ばかり。上へ上へと続く建物の中は全て円形。らせん階段で塔内を移動し、聞こえてくるのは風の音。こんなところに人が暮らすなんて! でも100年程前までは、本当に灯台守は灯台に住んでいたのです。ひとりで、あるいは相棒と、あるいは家族と。

そんな、想像を遥かに超えたところにある様な「日常」を、この絵本は描き出してくれます。具体的に、美しく、とっても魅力的に。そんな一家のもとに船の荷物とともに届いたのは、思いがけない一通の手紙。そこに書いてあったのは?

2019年コールデコット賞を受賞した本作品。絵本の中心に堂々とそびえ立つ灯台の存在感そのものがこの絵本の魅力であることは間違いありません。日によって全く表情の変わる海の中で、霧の立ち込める風景の中で浮かびあがる灯台、更に陸地から眺める灯台。印象的な景色の記憶は、きっと子どもたちの心の中に刻み込まれていくことでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

小さな島の灯台に、新しい灯台守がやってきた。レンズを磨き、油をつぎたし、遠くの海まで光をおくる。船の安全を守るために。――灯台守の仕事と暮らしを情感ゆたかに描く絵本。2019年のコールデコット賞受賞作。

ベストレビュー

灯台守の一生

少し縦長の、美しい絵本です。
まだ人の手で灯台の光が管理されていた時代のお話。
灯台の中で、家族だけで暮らす灯台守の一生が、シンプルに語られます。
淡々と、そしてきっちり仕事をこなす姿勢に憧れます。
抑えめの色合いが、お話にとてもあっていて、癒されました。
ラストには素敵な仕掛けもあって、感動。
大人も夢中になれる絵本だと思います。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おーい、こちら灯台

えほん新定番 from 好書好日

おーい、こちら灯台

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット