ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おーい、こちら灯台
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おーい、こちら灯台

  • 絵本
作: ソフィー・ブラッコール
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おーい、こちら灯台」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年04月
ISBN: 9784566080485

30.4cm×18.4cm 50ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

その灯台が立っているのは、世界のさいはてにある小さな島。永遠に続くようにと建てられ、船を安全に導くために、遠くの海まで光を送るのです。

「……おーい!……おーい!
 おーい、こちら灯台!」

灯台のあかりを灯し続けるのは灯台守の仕事。レンズをみがき、油をつぎたし、ランプの芯を切りそろえる。レンズが回り続けるように、ぜんまいをまき、些細な事も全て灯台日誌に書き綴る。

360度見まわしても海ばかり。上へ上へと続く建物の中は全て円形。らせん階段で塔内を移動し、聞こえてくるのは風の音。こんなところに人が暮らすなんて! でも100年程前までは、本当に灯台守は灯台に住んでいたのです。ひとりで、あるいは相棒と、あるいは家族と。

そんな、想像を遥かに超えたところにある様な「日常」を、この絵本は描き出してくれます。具体的に、美しく、とっても魅力的に。そんな一家のもとに船の荷物とともに届いたのは、思いがけない一通の手紙。そこに書いてあったのは?

2019年コールデコット賞を受賞した本作品。絵本の中心に堂々とそびえ立つ灯台の存在感そのものがこの絵本の魅力であることは間違いありません。日によって全く表情の変わる海の中で、霧の立ち込める風景の中で浮かびあがる灯台、更に陸地から眺める灯台。印象的な景色の記憶は、きっと子どもたちの心の中に刻み込まれていくことでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

小さな島の灯台に、新しい灯台守がやってきた。レンズを磨き、油をつぎたし、遠くの海まで光をおくる。船の安全を守るために。――灯台守の仕事と暮らしを情感ゆたかに描く絵本。2019年のコールデコット賞受賞作。

ベストレビュー

イラストも素敵な絵本。

灯台の役割と大切さがよくわかる絵本です。
そして、イラストもとっても綺麗なので見応えあります。
絵本の醍醐味は、文章から伝わお話はもちろんですが、イラストを楽しめるところにありますね。
海にの青さと空の青さと灯台、素敵なコントラストでした。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ソフィー・ブラッコールさんのその他の作品

ベネベントの魔物たち(3) 魔女の足音にご用心 / ベネベントの魔物たち(4) わがままな幽霊 / ベネベントの魔物たち(2) 緑の手の指輪 / ベネベントの魔物たち(1) いたずらの季節 / あかちゃんの木 / プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話

山口 文生さんのその他の作品

くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― / みなみへ / 英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / あぶないよ、ふわふわケムちゃん! / 大きくなるってこんなこと! / やんちゃもののおでましだい



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

おーい、こちら灯台

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット