まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
なまはげ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なまはげ

  • 絵本
写真・文: 小賀野 実
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2019年04月22日
ISBN: 9784591162675

小3 小4
判型:A4変型判/サイズ:264mm x 215mm/ページ数:48ページ

出版社からの紹介

祝!ユネスコ無形文化遺産登録

★「泣ぐ子はいねが」だけじゃない!観光ではない“なまはげ”の真の姿を伝えます★
今では全国的に知られるなまはげ。しかし多くの人が持つそのイメージは、子供たちを怖がらせる鬼のようなものではないでしょうか。この写真絵本では、観光向けにつくられたなまはげのイメージだけでなく、地元の人々にとってなまはげがいかに大切であるか、そのリアルな姿に迫ります。35年にわたり、なまはげを撮り続けた著者が迫力ある写真と記事ページで"なまはげのリアル"を伝えます。

○巻末記事ページの内容○
・鬼の伝説となまはげのはじまり
・観光のなまはげ
・なまはげの準備
・なまはげをしまう
・なまはげの面の種類
・昔使っていた、古いなまはげ面
・来訪神 仮面・仮装の神々

ベストレビュー

地域の風習っておもしろい

伝統を守ろう。とかっていうと、なんだか難しいことを学ぶ気がするけれど、こんな風にその土地の人たちが大切にしていることを見たり知ったりするのはとても面白いですね。
行く先々でごちそうをもらい、大切にされているなまはげたち。寒い中火を持って行進するなまはげは衝撃でした。地域のみんなで子どもの成長を願い、大切にしてきた風習。やめるのは簡単だけど、ずっとつないできたということがすごい。
個性的なおめんに、子どもは興味しんしんで、いろいろ質問しながら読んでいました。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小賀野 実さんのその他の作品

こども絵本のりもの(1) しんかんせん / しんかんせん しゅっぱつ! / こども絵本エルライン(5) 町の電車 / 英語&のりものの音がきける! たのしい のりものずかん / のりもの レインボーずかん / でんしゃ パレード100



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

なまはげ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット