話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ソラタとヒナタ みえない星空

ソラタとヒナタ みえない星空

  • 児童書
著: かんの ゆうこ くま あやこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年05月09日
ISBN: 9784065154458

小学初級から
判型:A5/ページ数:98ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『はりねずみのルーチカ』シリーズ、かんのゆうこ氏の新作童話第二弾。心優しいくまのソラタと、孤独に育ったきつねのヒナタとの、あたたかい友情の物語。ソラタがいたちからうまく育てると言葉を覚えるという石をもらう、「おしゃべり石」。ソラタしか友だちがいなかったヒナタが、たぬきの子とはじめてふたりで遊びに出かける「くりひろい」。など4編を収録。すべての見開きに挿絵入り、総ルビ。


『はりねずみのルーチカ』シリーズのかんのゆうこ氏の新作童話第二弾。心優しいくまのソラタと、孤独に育ったきつねのヒナタとの、楽しくあたたかい友情の物語。ソラタがいたちと出会い、パンと引き替えに、うまく育てると言葉を覚えるという石をもらう、「おしゃべり石」。ソラタしか友だちがいなかったヒナタが、たぬきの子とはじめてふたりで遊びに出かける「くりひろい」。ヒナタがソラタを誘ってオバケ屋敷のたんけんに行く「おばけ」。ヒナタからソラタへのたんじょう日のプレゼントに二人とも驚いてしまう「みえない星空」の4編を収録。
すべての見開きにくまあやこ氏のかわいい挿絵が入ります。(総ルビ)

ベストレビュー

シリーズの2作目でした。

可愛いイラストに惹かれて、手に取りました。
優しいくまのソラタと、ちょっと意地っ張りなきつねのヒナタのお話です。
タイトルにもある「みえない星空」他、計4編のお話がありました。
ちょっと強がったりもするけれど、仲良しの二人。
思い合う様子に誇りしました。
こちらはシリーズの2作目のようで、前作や続編もあるようなので、読んでみたいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かんの ゆうこさんのその他の作品

はりねずみのルーチカ にじいろのたまご / ぽぽとくるのしあわせのばしょ / ソラタとヒナタ おはなしのバトン / はりねずみのルーチカ トゥーリのひみつ / はりねずみのルーチカ 人魚の島 / はりねずみのルーチカ フェリエの国の新しい年

くま あやこさんのその他の作品

ねこの町の小学校 たのしいえんそく / ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車 / ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ / ソラタとヒナタ ともだちのつくりかた / ねこの町のダリオ写真館 / ねこの町のリリアのパン


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ソラタとヒナタ みえない星空

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【あすなろ書房】

ソラタとヒナタ みえない星空

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット