宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ミツバチ だいすき ぼくの おじさんは ようほう家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミツバチ だいすき ぼくの おじさんは ようほう家

  • 絵本
文: 藤原 由美子
絵: 安井 寿磨子
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ミツバチ だいすき ぼくの おじさんは ようほう家」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年05月10日
ISBN: 9784834084627

読んであげるなら:5・6才から
自分で読むなら:小学低学年から
ページ数:40ページ/サイズ:26×26cm

出版社からの紹介

養蜂家の仕事を通して自然の営みを理解する

“ぼく”は、養蜂家のおじさんから届いた手紙をきっかけに、養蜂を手伝い、ミツバチの暮らしを観察します。そして、蜂蜜はミツバチの食べ物だと知り、働きバチは幼虫のために花の蜜だけでなく花粉も集めてくること、そのときに草や木の受粉を助けていることなど、いろいろな生きものが繋がって自然環境がうまく回っていることを理解するのでした。一万年にも及ぶともいわれる人間とミツバチとの関わりは、生きものたちの繋がりをわかりやすく映し出しているのです。

ベストレビュー

ミツバチの生態

福音館書店の科学シリーズ。
小学生の主人公が、養蜂家のおじさんの手伝いを通して、
ミツバチの生態を学ぶストーリーです。
はちみつ、というスイーツがポイントでしょうか。
養蜂というのは、まさに、自然との共生そのものです。
女王バチ中心に、群れで生活し、1か月ほどの寿命のはたらきバチ。
その仕事ぶりも、じっくりと知ることができます。
養蜂の仕事も多岐にわたります。
食べ物を得る営みは尊いですね。
小学生くらいから、学んでほしいですね。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安井 寿磨子さんのその他の作品

まめじかカンチルの冒険 インドネシアの昔話



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

ミツバチ だいすき ぼくの おじさんは ようほう家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット