宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
かくれんぼで もういいかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かくれんぼで もういいかい

  • 絵本
文: やぎた よしこ
絵: わかやま しずこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年05月15日
ISBN: 9784494015665

2歳から
サイズ:20.7×22.2cm/頁数:25頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

おうちには誰もいないけど、かくれんぼをしたくなったじゅんちゃんは、目をつぶって言ってみます。

「もう いいかい」

すると……

「もうういいよ」「もういいよ」「もういいよ」

あっちからも、こっちからも声がしますよ!
さっそく、どこに隠れているのか探しにいくじゅんちゃん。
おふろばかな? 台所かな? それとも……?

最初に見つけたのは、りすさん。
あらら、あんなところからしっぽが見えて。
次に見つけたのは、うさぎさん。これは、なかなか難しいぞ。

次にはくまさん、そして最後は大きな大きなあの子も!


お留守番をしているじゅんちゃんのところへ、次々と動物たちがやってきて、楽しい遊びがはじまる「じゅんちゃんとおともだち」シリーズ。実は、八木田宣子さん、和歌山静子さんのコンビで1977年に出版されたこのシリーズの中から好評だったこの作品の絵を、和歌山静子さんが絵を全面的に描き下ろし、リニューアルされたものなのです。

家のつくりやインテリアなどが時代を反映して描かれています。でも変わらず堪能できるのは、じゅんちゃんと動物たちの愛らしさ!和歌山らしいシンプルでダイナミックな線から生まれる彼らは躍動感たっぷり。くまさんの毛並みもたまりませんね。スカッと爽快、気持よくなれる終わり方も子どもたちは大満足。

こんな風に、何十年経っても色褪せない遊びの世界こそ絵本にぴったりくるのでしょうね。あかちゃん絵本の、次の絵本を探している方にぴったりですよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

じゅんちゃんがおうちでひとり、「もういいかい」と聞いてみると「もういいよ」。動物たちの声がして、かくれんぼがはじまります。おふろばで、だいどころで、しっぽやおみみが見えてるよ! 全点絵を改めた新版。

ベストレビュー

次は何かな?と期待しちゃいます。

5歳の子供に読み聞かせをしています。
かくれんぼから始まる物語。
家の中でかくれんぼをして行き、日常とつながるので子供は絵本に入りやすいかな。
次は何かな?すると・・・と気になるような顔しているので楽しい絵本です。
(えがだいさん 40代・パパ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やぎた よしこさんのその他の作品

おままごとで あそびましょ / ビッグブック よかったね ネッドくん / よかったねネッドくん / ぬりえ絵本 ごちゃまぜカメレオン / 星どろぼう / ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より

わかやま しずこさんのその他の作品

まるまる だーれ? / とべたよ とべたよ / のんびりおじいさんとねこ / おかあさん どーこ? / つかんでぱっくん / ムルンとサルタイ



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

かくれんぼで もういいかい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット