はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろうの試し読みができます!
著: 柳原 尚之 絵: 近藤 圭恵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
旬の食べものでおいしい和食!冬においしい10のごちそうのレシピを楽しいお話と一緒に紹介
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくんちの海賊トレジャ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくんちの海賊トレジャ

  • 児童書
作: 柏葉 幸子
絵: 野見山 響子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年06月25日
ISBN: 9784035307501

小学校中学年から
22cm×16cm /128ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ある日の学校帰りに雨がふってきて、走って帰ったぼくは、ドーンというものすごい音のあと、家の屋根に何かが乗っかっているのを見る。
それは、どくろの旗がついた黒い帆船!
甲板に出てきた男は、ぎょうざ形の黒いぼうしに、フリルたっぷりのブラウス、黒い長い上着……。片目にアイパッチをしてる。
これって、海賊だよね!?

この男、「トレジャ」という名の乱暴な海賊は、「オレさまがなんぱしたのか」とか「ここはこの世の果てか!」「それならおまえ、たからもの、もってるだろ?」とか訳のわからないことをいう。
宝物? トレジャが探す宝物は、「この世の果てにあるという、青くて四角でうたうもの」らしいんだけど……?

小学校中学年くらいから楽しめる、へんてこな海賊に巻き込まれながら、ぼくが「たからさがし」をするハメになるおはなし。

乱暴で大食いで、デリカシーがなくて気が短く、しかも海賊だから人のものを奪ってもおかまいなし!
そんなトレジャに辟易しながらも、一緒に「青くて四角でうたうもの」を探すぼく。
海賊がいるって、楽しそうだと思ったけど、何だか面倒くさそう……。
「どうせ出てきてくれるなら、もっと性格のいい海賊にしてほしかった」なんて、ぼくのセリフに笑っちゃいます。

この海賊トレジャは、不思議なことに、ぼくと隣の犬のチロにしか見えないみたい。
トレジャがいることで、ぼくとチロにはある変化が訪れます。

本書のみどころは、トレジャに付き合わされるぼくの奮闘ぶりと、「青くて四角でうたうもの」を探すのに協力してくれた人たちの「たからもの」が、おはなしから何となく伝わってくるところです。
読者は、一緒に「青くて四角でうたうもの」に想像をめぐらし、心の中で「ほんもののたからもの」を探す気分を味わえますよ。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ぼくんちに突然、海賊があらわれたんだ!
しかもぼくととなりの犬チロにしか見えない。
トレジャと名のる、らんぼうな海賊だ。
「この世の果てにあるという青くて四角でうたうもの」を
さがしにやってきたんだって。
ぼくもいっしょにさがすはめになった。
トレジャはらんぼうで、大食いで、
デリカシーがなくて、気がみじかくて、
しかも海賊だから、
人のものをうばってもおかまいなし!

ベストレビュー

青くて四角でうたう宝とは。

最近の子どもたちはすっかりスマホ世代になってしまって、マンガやゲームもスマホ、という子どもたちが増えていますが、
私としては子どものうちこそ本の世界で冒険してほしいと思います。
柏葉さんの児童書はテンポがよく、読みやすいので、あまり本を読むことになれていないお子さんでも手に取りやすいです。
今回のお話は主人公の男の子、良太が小学校4年生なので、お薦めは中学年くらいのお子さんたちです。
マンガの中から飛び出してきた(?)らしい「海賊トレジャ」が探しているものは、
この世の果てにあるという、
青くて四角でうたうもの。
手にしたとたんしあわせが
足のさきからはいあがる。
天使のラッパがなりひびく。
というもの、いろいろ捜すけど、なかなか見つからなくて、やっと見つけたものは……。

柏葉さんらしい「宝物」だなぁと思いました。
この話の最後が特によかったです。

「赤くてまるくてあまいもの」というたからものの正体は、なんなんでしょうね。
この物語を読んだ子どもたちが、思い思いに続きを考えてくれたら素敵だなと、思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

湖の国 / モンスター・ホテルで オリンピック / 霧のむこうのふしぎな町 地下室からのふしぎな旅 天井うらのふしぎな友だち / 魔女が相棒? ねぐせのヤマネ姫 / モンスター・ホテルで ハロウィン / モンスター・ホテルでプレゼント

野見山 響子さんのその他の作品

イナバさん! / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / アヤカシさん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

ぼくんちの海賊トレジャ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット