話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
総天然色自然科学漫画 カタツムリ 小笠原へ

総天然色自然科学漫画 カタツムリ 小笠原へ

  • 絵本
文: 千葉 聡
絵: コマツ シンヤ
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年05月20日
ISBN: 9784834084634

読んであげるなら:小学中学年から
自分で読むなら:小学中学年から
ページ数:40ページ
  サイズ:26×20cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

海のずっとむこうにカタツムリの楽園があるんだって。

「はるか遠くの島にカタツムリの楽園があるんだって。300万年前に海を渡ったご先祖さまの子孫がくらしているらしいよ……」。そうきいた東京のカタツムリたちが、1000キロ離れた太平洋の島、小笠原諸島へやってきた。そこは、天敵も少なく緑と湿度にあふれるすばらしい土地。120種をこえる多種多様なカタツムリたちがくらしていた。のろくて臆病なカタツムリがいかに海を渡り大繁栄するに至ったのか。子どもたちを、進化学の入口へと誘う、フルカラー自然科学漫画です。

ベストレビュー

生物の多様化がよく分かる

漫画形式で、小笠原諸島にいるカタツムリをどんどん紹介している絵本です。カタツムリにこんなに色んな種類がいるということ、環境に適応して、生物はどんどん形が変わっていくことが、とてもよく分かりました。
はやく動くことができない生き物は、生きるためにこんな風に多様化していくんですね。おもしろかったです。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 聡さんのその他の作品

大陸と日本をつなぐ自然史 地質・生態系の総合研究最前線 / 短歌研究ジュニア はじめて出会う短歌100 / 進化のからくり 現代のダーウィンたちの物語

コマツ シンヤさんのその他の作品

ながれぼしのランドセル / うたうラッパ貝がら / ドラねこまじんのボタン / トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー / ミライノイチニチ / セミクジラのぬけがら


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > 総天然色自然科学漫画 カタツムリ 小笠原へ

装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

総天然色自然科学漫画 カタツムリ 小笠原へ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット