宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
こんにちは、ばいばい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こんにちは、ばいばい

  • 絵本
作: サトシン
絵: 北村 裕花
出版社: 神宮館

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


関連書籍
みんなありがとう


作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年05月
ISBN: 9784860765835

3歳ごろから

関連するスペシャルコンテンツ


【選定中】コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

出版社からの紹介

サトシンさん(作)×北村裕花さん(絵)のタッグでお届けする、コミュニケーション絵本シリーズ第1弾!
主人公のぼくは、お母さんと散歩に出かけた森で、いろいろな動物に会うたびに「こんにちは」「ばいばい」と、きちんとあいさつをします。
鳴き声や効果音をヒントに動物をあてていくクイズを楽しみながら、主人公のぼくと一緒に「こんにちは」「ばいばい」とあいさつを声に出すことで、コミュニケーションの基本が身につきます。
最後には登場した動物をふりかえるクイズも!

こんにちは、ばいばい

こんにちは、ばいばい

ベストレビュー

小さな子供に

森で出会う様々な動物たちに「こんにちは」と「ばいばい」を告げる、という単純なお話。初めは体の一部分だけが見えるので、次はどんな動物が登場するのか、当てながら楽しめます。そして最後に、これまで登場した動物を全て思い出してみるというおまけのクイズ(?)つき。
小さな子供達には楽しいのではないでしょうか。
(miki222さん 40代・ママ 男の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サトシンさんのその他の作品

みんなありがとう / ふたごだよ / わくわく!れっしゃでかぞくりょこう / ぼくが いちばん! すごいでしょ / 2-5歳児楽しく踊れる1曲1話日本むかし CD付き10曲入り / ふしぎなあおいふく

北村 裕花さんのその他の作品

いき / いたずらおばけ でんしゃにのる / ねこです。 / だんしゃく王とメークイン女王 / おさがり / 紙芝居 おいていかないで〜!



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

こんにちは、ばいばい

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット