季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
なっちゃんの なつ

なっちゃんの なつ

  • 絵本
文: 伊藤比呂美
絵: 片山 健
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年06月10日
ISBN: 9784834084665

読んであげるなら 4才から 自分で読むなら
自分で読むなら 小学低学年から
ページ数:28ページ/サイズ:26×24cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

真夏の一日、女の子が出会う無数の生命と死

なっちゃんがともちゃんの家を訪ねると、ともちゃんはいませんでした。そこで一人で河原にでかけてみると、今は夏の真っ盛り。草が生い茂り、花が咲き、虫たちがうごめいていました。無数の命がひしめく傍らには、魚を飲み込むアオサギや、あちこちで死んでいるセミ。通り雨に降られて家に帰ると、おばあさんからお墓参りに誘われます。お墓参りから帰ると、なっちゃんはともちゃんと遊びました。日本の夏の、濃密な美しさを描いた絵本。

ベストレビュー

静かな夏の一日

月刊「かがくのとも」を定期購読しているのですが,書店で見ただけでは,なかなか買おうと思わないような
テーマのものも含まれるので,親の世界観を子供に押し付けない意味でも定期購読は有意義だと思っています。
そのなかの一冊,「なっちゃんのなつ」は,子供にせがまれて何度か読み返すうちに,どんどん心の奥に染みこんできた本です。
夏の終わりに近い,なっちゃんの一日をおった,とくに何が起こるでもないストーリーの絵本ですが,
しらずしらずに,そこに描かれていないなっちゃんの物語を想像している自分に気がつきます。
ビデオなどでは得られない,絵本固有の時間の流れを実感できる,いつかあった,静かな静かな夏の一日を思い出させる絵本です。

【事務局注:このレビューは、「なっちゃんのなつ」かがくのとも 2003年9月号 に寄せられたものです。】
(みっくんさん 40代・パパ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

伊藤比呂美さんのその他の作品

リフカの旅 / 今日 / <よりみちパン!セ> あのころ、先生がいた。 / きみの行く道 / ふしぎのたね / おめめとじてね

片山 健さんのその他の作品

だーれもいない だ−れもいない / とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると



4月の新刊&オススメ絵本情報

なっちゃんの なつ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット